Fandom


Republic-tugboat

リパブリック・タグボート

牽引船(Spacetug)、タグボート(Tugboat)は廃船の曳航や貨物の積み替え用に設計されたスターシップの総称。トラクター・ビーム、磁気クランプ、牽引ケーブルといったテクノロジーを駆使し、宇宙ステーションや貨物積み替え現場で活躍した。

歴史

クローン戦争中、銀河共和国は巨大なトラクター・ビーム発生装置を搭載したリパブリック・タグボートを使用した。タグボートはオード・セスタス医療ステーショングランド・アーミーの宇宙ステーション<ヴァーラー>に配備されていた。アソーカ・タノバリス・オフィーの乗るペルタ級フリゲートTB-73はタグボートのおかげで医療ステーションとの衝突を免れた。

帝国時代銀河帝国センチネル基地には<フレモンド>という名の牽引船が配備されていた。

サブプロ社クワッドリジェット積み替え牽引船(通称“クワッドジャンパー”)を開発した。クワッドジャンパーは惑星軌道の貨物積み替え場でコンテナを素早く移送した。この船は優れたパワーと操作性を備えていたため、密輸業者や探索者にとっても理想的な宇宙船だった。

参考資料

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。