Fandom


犯罪王(Crime lord)は犯罪組織のリーダーを指す呼び名。大規模なシンジケートから小規模な犯罪グループに至るまで、銀河系には大小さまざまな組織の犯罪王が存在した。犯罪王が指揮する犯罪組織の規模はさまざまで、中にはハット・カルテルのようにアウター・リム・テリトリー広域に影響力を持つシンジケートも存在した。

クローン戦争中、シス卿ダース・モールは闇社会の勢力を集めて同盟を築き、シャドウ・コレクティヴの犯罪王となった。

砂漠惑星タトゥイーンは、ジャバ・デシリジク・ティウレを始めとするハットの犯罪王に支配されていた。ルーク・スカイウォーカーレイア・オーガナは、銀河内戦中の冒険で、ジャバやその他の強欲な犯罪王から逃げ回った。

デヴァロニアンシカトロ・ヴィザーゴは、ロザルブロークン・ホーン・シンジケートを率いる犯罪王だった。

主な犯罪王

主な人物とその犯罪組織:

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。