Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia
「ああ、このメイフェルドは今まで出会った中じゃ一番のガンマンだ。元は帝国のスナイパーだった」
「それは何の保証にもならない」
「俺をストームトルーパーと一緒にするなよ」
ランザー・マルクディン・ジャリンミグズ・メイフェルド[出典]

元帝国軍狙撃手、ミグズ・メイフェルド

狙撃手スナイパー(Sniper)、シャープシューター(Sharpshooter)、マークスマン(Marksman)ないしマークスウーマン(Markswoman)とは長距離からの精密射撃を専門とする要員である。狙撃手には忍耐力と安定した精密射撃が必要とされ、しばしば標的から離れた安全な場所に隠れて射撃を行った。共和国グランド・アーミークローン・シャープシューター帝国地上軍ストームトルーパー・スナイパーのように、大規模な軍隊にはしばしば狙撃を専門とした兵科が設置されていた。またBXシリーズ・ドロイド・コマンドーといったバトル・ドロイドが狙撃を行うこともあった。

歴史

共和国時代

分離主義危機

銀河共和国末期、銀河系で最も腕利きの賞金稼ぎとして知られたジャンゴ・フェットは、格闘技の達人であると同時に、プロの狙撃手でもあった。[1] またフェットと組むことが多かった賞金稼ぎザム・ウェセルは長距離用のスナイパー・ライフルを使って獲物を仕留めることもあったが[2]変身種族クローダイトである彼女は容易に標的に近づくことができるため、ライフルよりもブラスター・ピストルを主に使用していた。[3] 22 BBY、ウェセルはキスティーア1284実体弾ライフルを使ってASNクーリエ・ドロイドを狙撃し、このドロイドに掴まっていたジェダイ・ナイトオビ=ワン・ケノービコルサントの摩天楼へ落下させた。[4]

クローン戦争

「10クリック先のターゲットを仕留めたいときは、このクロスヘアーに任せればいい」
クロスヘアーについて、ハンター[出典]

クローン戦争期、共和国グランド・アーミーにはクローン・シャープシューターと呼ばれる、狙撃に特化したクローン・トルーパーの専門ユニットが存在した。彼らは遠距離での戦闘を得意としていたが、接近戦を弱点としていた。彼らは高い精度と長距離での威力を誇るロングブラスターのヴァルケン38X[5]、クローン・トルーパーの標準装備であるDC-15Aブラスター・ライフルなどの武器を装備した。[6]

狙撃を行うオーラ・シング

パリデュヴァン種族の賞金稼ぎオーラ・シングは、熟練のスナイパーであると同時に経験豊富な暗殺者であり、報酬しだいで誰から依頼でも引き受けた。[7] 21 BBYキャド・ベインのグループの一員として元老院人質事件を起こした際、シングは元老院オフィス・ビルセネト・コマンドーを離れた場所から狙撃し、賞金稼ぎの仲間たちを援護した。[8]

クローン・フォース99分隊、通称“バッド・バッチ”の隊員であるクロスヘアーは狙撃のエリートであり、信じがたい距離から獲物を狙い撃ちすることができた。クロスヘアーは遺伝子的な特性によって標準的なクローン・トルーパーよりも優れた視力に恵まれていた。彼は共和国軍のスナイパーたちが好んで使用する773ファイアパンチャー・ライフルを装備し、スコープがアイピースにフィットするよう、ヘルメットに改造を加えていた。[9]

帝国時代

同盟情報部キャシアン・アンドー大尉は経験豊富な兵士であると同時に訓練を積んだスナイパーでもあり、状況に応じてミッションを切り替えることができる武器を使用した。彼のA280-CFE換装式重ブラスター・ピストルは延長用の銃身とストック、サイトを取り付けることで、サイドアームから遠距離狙撃に適したライフルへ換装させることが可能だった。[10] 0 BBY、アンドーは惑星イードゥーゲイレン・アーソの暗殺を試みた際にスナイパー・モードのA280-CFEを携帯したが、狙撃可能なタイミングがあったにも関わらず、任務を途中で断念した。[11]

ストームトルーパーやショアトルーパーとして帝国軍に仕えた経験を持つデル・ミーコは、その多才さを評価されて帝国軍特殊部隊インフェルノ分隊に採用された後、スカウトやパイロット情報士官、そしてスナイパーなど、コマンダーアイデン・ヴェルシオから求められるあらゆる役割をこなした。[12]

タルパイニ種族のウィーティーフ・シユ=ビーは狙撃手兼、爆発物の専門家だった。彼はソウ・ゲレラ率いるパルチザンの一員であり、衛星ジェダで反乱運動に参加していた。[13] また同じくパルチザンのメンバーであるサバットリーヴァン・テンザは、ブラステック・インダストリーズ社製のDH-447スナイパー・ライフルで武装していた。[14]

新共和国時代

元帝国軍狙撃手のミグズ・メイフェルドは、新共和国時代に傭兵として活動した。[15]

登場エピソード

参考資料

脚注

外部リンク

Advertisement