Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia
この記事は狩り、狩人を扱っています。お探しの記事はクローン・コマンドーハンターかもしれません。

密猟を行う狩人たち

狩猟(Hunting)は食料獲得や娯楽、販売などの目的で野生生物を捕まえたり、殺す行為である。狩猟を行う者はハンター狩人(Hunter)と呼ばれる。[1] 一般的に狩りの対象となるのは知性を持たない動物だが、時には犯罪者によって知覚種族を対象にした違法な狩猟が行われることもあった。例えばガーナック率いるトランドーシャン狩猟ギルドは、ジェダイパダワンをはじめとする獲物を拉致して衛星ワスカーの島に集め、娯楽目的で彼らを殺していた。[2]

狩りと文化

エンドアに暮らすイウォーク種族は、ふだんは上に築いた村で生活していたが、しばしば狩りをするため地上に降りた。暖かいの季節には、狩猟や農業のため林床に作ったロッジに滞在するイウォークもいた。彼らは森の中に仕掛けた罠や[3]で作ったナイフなど様々な道具を使って狩りをした。多くのイウォークが狩猟の戦利品として動物のや角、の装飾品を身に着けていた。[4] また彼らはかつて人間偵察隊がエンドアに持ち込んだポニーを狩猟用の騎獣として活用した。[5] イウォークはガーレック狩りが成功するたびに宴を開き、ガーレック・グレイヴィーと呼ばれる調味料を使った料理を振る舞っていた。[6]

惑星タトゥイーンに暮らすタスケン・レイダーは、部族の戦士であると同時に狩人だった。タスケンは15で成人となるが、最も重要な成人の試練はクレイト・ドラゴンを狩っての中から貴重な真珠を手に入れてくることだった。[7]

歴史

共和国時代

獰猛なラスターは捕獲するのが極めて困難であるため、しばしば収集家や狩人の標的となった。[8] 一方でラスター自体も群れで獲物を襲撃するハンターであり、しばしば狩りにやってくる者を返り討ちにした。銀河共和国時代の末期、ビッグ・ゲーム・ハンターのチームが惑星トウォン・ケティーでラスター狩りを試みたが、全滅してしまった。しかしその直後、シス卿ダース・モールフォースを駆使して3匹のラスターを始末した。[9]

帝国時代

惑星タトゥイーンに住んでいた頃、ルーク・スカイウォーカーインコム社T-16スカイホッパーに乗り込み、ジャワ・ハイツウォンプ・ラット狩りをして楽しんでいた。[5] 元老院議員だった経歴を持つジョハール・ケッセンは伝説的なハンターとして知られ、“カリーナ”と名付けたライフルで狩りをしていた。[1]

新共和国時代以降

「ラスター狩りが安上がりなもんだと思うか?」
ハン・ソロ[出典]

新共和国時代、クリーチャーの収集家であるプラーナは、ライバルのソルカルヴィス摂政がラスターを所有していないことを知り、この猛獣に多額の賞金を懸けた。[10] 密輸業者ハン・ソロカンジクラブグアヴィアン・デス・ギャングから資金を調達し、プラーナの報酬を手に入れるためラスター狩りを試みた。ソロと相棒のチューバカはこの仕事でクルーを失ったが、3匹のラスターを生け捕りすることに成功した。しかしソロはラスターをプラーナに差し出す前に、借金返済が遅れたことに腹を立てたギャングたちとトラブルに陥った。[11]

登場エピソード

参考資料

脚注

外部リンク

Advertisement