Wookieepedia
Advertisement

異種生物学者(Xenobiologist)は銀河系に住む異なる種族の研究に特化した生物学者である。

歴史

一部の異種生物学者は、タトゥイーンに生息する希少な巨大クリーチャー、サルラックが動物なのか植物なのかを巡って論争を繰り広げていた。しかし彼らのほとんどは、サルラックは極めて危険であるため詳細な研究は避けるべきであるという点で意見が一致していた。[1]

クローン戦争終結当時、カリダイン種族のメンバーが小惑星ポリス・マサにある考古学基地で異種生物学者として働いていた。彼らは考古学チームと提携し、クローニングに必要な有機組織を手に入れるため古代遺物の分析を行っていた。19 BBY、この医療技術者たちはパドメ・アミダラ双子ルークレイア出産する手伝いをした。分娩を手伝ったカリダインのうち、外科医療の訓練を積んでいたのは2人だけで、残りはみな異種生物学者だった。[1]

異種生物学者のドクターパキン・メソリは、惑星クレイトで活動するヌパユニ採鉱組合のために、この星の固有動物であるヴァルプテックスの野外調査を行った。メソリはヴァルプテックスの特徴をまとめ、この生物が体を覆うクリスタルを鳴らして互いにコミュニケーションをとっている可能性や、磁場の感知能力を備えている可能性などを指摘した。[2]

登場作品

参考資料

脚注

他言語版
Advertisement