「私たちはフォースの中で兄弟であった。しかし百年の闇によりシスが生まれた」
―名称不明のジェダイ[出典]

百年の闇フォースの中でジェダイ・オーダーと兄弟だと考えられていた人々がシスとなるきっかけとなった出来事。シスの誕生は銀河中で多くの戦いを呼び起こすことになる。

概要

クローン戦争の数千前、ジェダイ・オーダーと兄弟だと考えられていた人々がシスとなるきっかけに当たる出来事が起きる。あるジェダイの変節者が、フォースの真の力はフォースを静観したり受け身になるのではなくダークサイドに触れることでのみ知ることができると信じ始めたことにより、現在「百年の闇」と呼ばれる時代が始まり、調和が崩れる。ジェダイ最高評議会は彼の考えを避けるため、彼を追放する。しかし彼はそこで新たな組織を創り出し、それは後にシスと呼ばれることとなる[3]

シスの誕生はその後、数え切れないほどの戦争を呼び起こした。そしてジェダイ・オーダーは、シスはナブーの侵略1000年前に滅びたと考えられていたが、水面下で生き残っていた。

登場エピソード

参考資料

脚注

  1. 小説ターキンの中でシスは少なくともクローン戦争の6,000年前には存在したと言及されている
  2. スター・ウォーズ:ナー・シャッダの決斗
  3. StarWars.com Encyclopedia Sith - エンサイクロペディア (バックアップ・リンク - Archive.org)
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。