Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

「これは知見の石なんだろ。何か見えるか?」
グローグーに対し、ディン・ジャリン[出典]

知見の石(Seeing stone)は惑星タイソンの古い寺院跡地に存在した半球状の物体である。知見のは寺院があるのてっぺんに置かれ、この石を取り囲むように6本の石柱が建てられていた。[1]

歴史

9 ABY頃、マンダロリアンの戦士ディン・ジャリンの助けを借りて惑星コルヴァスカロダン解放した元ジェダイアソーカ・タノは、幼いグローグーフォース訓練をつけてほしいというジャリンの頼みを拒否する代わりに、グローグーをタイソンの寺院跡地に連れていくよう助言した。彼女はグローグーを山のてっぺんの石に置けば、フォースを通じて他のジェダイが彼の存在を感知し、探しに来てくれるかもしれないと語った。[2] のちにジャリンがタノの助言を実践すると、グローグーは石の上で瞑想を開始した。その間、ジャリンはボバ・フェットフェネック・シャンドと対峙し、ギデオン配下の帝国軍残存勢力戦闘を繰り広げた。しかし瞑想が終わった直後、グローグーは帝国の第3世代設計ダーク・トルーパーによって石の上から連れ去られてしまった。[1]

登場エピソード

脚注

Advertisement