C-3POはイウォークから神と勘違いされた

(Deity/God)、女神(Goddess)は超自然的な力や特性を持ち、人々から崇拝される存在を指す概念である。エンドアイウォークは、金色のプロトコル・ドロイドC-3POと遭遇した際に、彼を神と勘違いして崇拝し始めた。[1]

砂漠の惑星ジャクーに住むティードー種族が信奉していたリィーア神は、すべての罪に罰を与える存在として知られた。ティードーはジャクーに吹き荒れる砂嵐ザスリィーアと呼び、嵐がもたらす災厄もリィーアの罰として受け入れていた。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

外部リンク

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。