Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

類似した名称の記事はコリバンの戦い(曖昧さ回避)を参照
「ナガ・サドウは最も忠実な支持者だけを連れ、残った部下を見捨てて、傷だらけの旗艦で再び逃げだした。共和国の宇宙船は再び彼を追うが、サドウは最後にもう一度トリックを使った」
ヴォレン・ナルの歴史書[出典]

5000 BBY惑星コリバンの上空でハイパースペース大戦の最後の戦闘が行われた。シスの暗黒卿ナガ・サドウの勢力と、彼を追跡してシス帝国に攻め入ったエンプレステタ率いるコロス星系軍隊が戦った。ナガ・サドウの軍隊は、コリバンにおける直前の戦闘でライバルのシス卿ルド・クレシュを破ったばかりだった。ハイパースペース大戦で故郷の星系を荒らされた復讐を果たそうと、エンプレス・テタの軍隊は戦いの末、シスの軍隊を破った。サドウは追い詰められ、彼の旗艦コルセア>を守るものはいなくなった。サドウは双子の恒星デナーリ・ノヴァを通過し、フォースのダークサイドを使って追跡者を滅ぼした後、自らのも装った。やがてサドウは遠く離れた衛星ヤヴィン4へと逃げ延びる。その後、シス軍の指揮を引き継いだシス卿シャー・ダカンは、最後の手段として残っていた船に特攻攻撃を命じた。しかしコロス軍はこの戦いに勝利を収め、ハイパースペース大戦は終結する。

背景

5000 BBYシスの暗黒卿ナガ・サドウは、銀河共和国を攻撃するため侵略艦隊を招集した。のちにハイパースペース大戦と呼ばれるようになる侵略戦争で、シス軍はコルサント(共和国の首都惑星で、政府の心臓部)、そしてキレックコロス・メジャーディープ・コアコロス星系に属す惑星)を攻撃した。しかしサドウは、最高指揮官に任命したシス・アプレンティスゲイヴ・ダラゴンに裏切られた。コロス・メジャー出身のゲイヴは、故郷の荒廃に愕然とし、寝返ったのだった。

サドウに対するゲイヴの攻撃によって、サドウがつくり出したフォースは消滅し、コルサントキレックコロス・メジャーの戦いはシスの敗北に終わった。間もなく、サドウはプリマス・ガルードの戦いでも敗北する。コロス星系の統治者、エンプレステタが率いる軍隊は、サドウの艦隊をほぼ一掃した。サドウは秘密の兵器を使って恒星プリマス・ガルードの太陽フレアを操作し、ゲイヴ・ダラゴンを殺害するが、ゲイヴは死ぬ前にシス帝国の位置情報を妹ジョリやコロス軍に教えていた。

戦闘

JoriAtKorribanBattle

シスの船を攻撃するジョリ・ダラゴン

シス帝国に戻ったサドウは、シスの墓地惑星コリバンの近くで、ライバルのシス卿ルド・クレシュから攻撃された。サドウは長年の宿敵に勝利したが、疲弊していた艦隊は、クレシュの攻撃でさらに数を減らした。サドウは休むも間もなく、ハイパースペースから姿を現したテタとその軍隊に攻撃される。サドウは破れかぶれに反撃したが、数で勝るコロス軍は、エンプレス・テタの激励に活気づき、シス軍を圧倒した。

ジョリ・ダラゴンも自らコロス・スターファイターに乗り込み、兄ゲイヴ・ダラゴンの仇をとろうと、シス・スターファイターを数機撃墜した。スターファイター同士の戦闘で、戦場には爆発の光が明滅し、シスの主力艦は集中レーザー砲火で大きな損傷を負った。旗艦コルセア>内の混乱の中で、ナガ・サドウは火器を使い果たし、戦闘システムが崩壊していることに気づく。必死のサドウは、旗艦のコースをデナーリ・ノヴァに向けて設定し、フォースのダークサイドを使ってコロスの追跡者を滅ぼした。サドウは脱出して生き延びたが、テタは勝利を宣言する。コルサントの戦いでシス軍を率いたシス卿シャー・ダカンは、暗黒卿の代理として、勝ち目のない戦いの士気を引き継いだ。ダカンは降伏という手段を選ばず、残っていた宇宙船に共和国軍への特攻攻撃を命じる。しかし最終的に、シスは敗北した。

その後

第二次コリバンの戦いでシス軍を破ったコロスと共和国の軍隊は、シス・スペースを離れた。その後、最高議長パルティモはシス・スペースへの全面侵略を命じる。ジェダイ・オーダー共和国軍は、生き残っているシスの拠点と工芸品を見つけ出し、それらを破壊するため、シス・スペースを侵略した。その結果、シス帝国は崩壊する。

激戦を生き延びたナガ・サドウは、辺境の衛星ヤヴィン4へと姿を隠し、失われた栄光の立て直しに努めた。数名のシスヴジュンスールといった惑星の拠点に隠れ、それ以降およそ1,000年後まで、シスの名が表舞台に出てくることはほとんどなかった。あるシスの生存者は、艦隊と信頼のおける幹部たちと共に崩壊する帝国を離れ、共和国を避けるため、20間をでたらめなハイパースペース・ジャンプの旅に費やした後、忘れ去られていた惑星ドロマンド・カスを再発見した。艦隊を導いたシス卿は、自らをシス皇帝と称した。彼はこの惑星でダークサイドの儀式を行い、惑星のイオン圏を激しい雷雨へと変化させ、自身の寿命を延ばした。シス皇帝はドロマンド・カスでシス軍を立て直し、共和国に対する報復を開始するまで長期間、力を蓄え続けた。やがてこのシス帝国が引き起こした紛争は、大銀河戦争3681 BBY3653 BBY)として知られるようになる。

制作の舞台裏

第二次コリバンの戦いは、コミック・ブック・シリーズ『Star Wars: Tales of the Jedi』の、『The Fall of the Sith Empire 5: End of an Empire』(1997年発売/ケヴィン・J・アンダースン作、未邦訳)で描かれた。このイラストを担当したのはダリオ・カラスコ・ジュニアである。この戦いは複数のリファレンス・ブックで言及され、そのうち『The New Essential Chronology』は『スター・ウォーズ 全史』として邦訳されている。

登場エピソード

  • Tales of the Jedi: The Fall of the Sith Empire 5: End of an Empire (初登場)
  • Timeline 12: The Great Hyperspace War ホログラムでの登場)
  • Star Wars: The Old Republic (作中の文書内で言及)

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。