Fandom


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

2 BBYフェニックス戦隊コンコード・ドーン第3衛星マンダロリアンプロテクターと連絡が取れなくなった原因を探るため、サビーヌ・レンらを任務へ派遣した。当時、プロテクターのリーダーであるフェン・ラウフェニックス戦隊によって軟禁されており、その部下たちは半ば無理やり反乱運動に協力している状態だった。調査のため第3衛星を訪れた反乱者のサビーヌ、エズラ・ブリッジャーチョッパー、ラウは、プロテクターが銀河帝国に忠実な別のマンダロリアン派閥、インペリアル・スーパー・コマンドーによって滅ぼされたことを知る。ガー・サクソン総督指揮下のスーパー・コマンドーから逃げ切った後、ラウはプロテクターのために復讐を誓い、反乱軍への加盟を決意する。

背景

3 BBYヘラ・シンドゥーラ率いるフェニックス中隊コンコード・ドーン星系ジャーニーマン・プロテクター攻撃に遭った後、反乱者サビーヌ・レンケイナン・ジャラスアストロメク・ドロイドC1-10P(チョッパー)はコンコード・ドーン第3衛星でプロテクターのリーダーであるフェン・ラウ誘拐した。ラウは止むを得ず反乱軍の要求をのみ、自分が反乱軍による拘束状態にあることを秘密にするという条件で、反乱軍によるプロテクター領域の通過を許可した。ラウはフェニックス戦隊に軟禁されたが丁重に扱われ、同じマンダロリアンであるサビーヌから何度も反乱運動への参加を求められた。

帝国時代、マンダロリアンの母星マンダロア銀河帝国の支持者であるガー・サクソン総督と、彼の率いるインペリアル・スーパー・コマンドーによって統治されていた。彼らは帝国がマンダロアを再び強くしてくれると信じており、プロテクターとは敵対関係にあった。プロテクターが反乱軍に自分たちの領域の安全な通行権を与えていることを知ったサクソンは、スーパー・コマンドーを率いてコンコード・ドーン第3衛星にあるプロテクターのキャンプを襲撃する。彼らはキャンプにいたプロテクターを皆殺しにしたが、一番の標的だったラウは反乱軍と共にいたため難を逃れた。

プロテクターが音信不通になった後、ヘラ・シンドゥーラとコマンダージュン・サトーはサビーヌとラウを会議に呼び出した。サトーをはじめとする反乱軍のリーダーたちはプロテクターがわなを仕掛けているのではと疑ったが、ラウは部下の身に何かが起きたのではと案じ、調査の許可を求めた。ヘラはラウの提案を受け入れたが、彼を見張るためサビーヌ、ジェダイパダワンエズラ・ブリッジャーアストロメク・ドロイドチョッパーを同伴させることにした。反乱者とラウはシーシピード級輸送シャトルファントムII>に乗り込み、コンコード・ドーン星系へ出発する。

任務

破壊の跡

コンコード・ドーン星系に到着した後、フェン・ラウは隙を見てエズラを殴り倒し、サビーヌをブラスタースタン・ビームで気絶させた。彼はシャトルを着陸させて1人で仲間たちのもとへ向かったが、プロテクターのキャンプはマンダロリアンの別派閥の攻撃で既に壊滅していた。チョッパーによって拘束を解かれたエズラとサビーヌは、武器を構えながらラウに近づいたが、彼は仲間が皆殺しに遭ったことを知って茫然自失していた。プロテクターがスーパー・コマンドーの攻撃対象になった原因についてサビーヌとラウが議論を交わしていた時、チョッパーは付近で信号を探知する。

反乱者たちはスーパー・コマンドーがキャンプに残していたヴァイパー・プローブ・ドロイドに襲われるも、反撃の末に破壊した。しかし、彼らが<ファントムII>に戻るよりも先に、プローブ・ドロイドから情報を受け取ったガー・サクソン総督の部隊がキャンプに到着する。反乱者たちとラウはキャンプの建物に身を隠したが、エズラとチョッパーはスーパー・コマンドーに捕まってしまう。サビーヌとラウはプロテクターのパトロールを掻い潜り、キャンプ全体を見渡せる丘まで移動した。

反撃

Saxon Ezra Chopper

サクソンの尋問

一方、ガー・サクソンはプロテクターのキャンプの中でエズラとチョッパーの尋問を始めた。エズラはゴミ漁りだと名乗ったが信じてもらえず、サクソンはチョッパーにブラスターを向けて真実を無理やり聞き出そうとした。建物の外では、サビーヌが友人を救うためラウを説得し、敵の手に渡る前に<ファントムII>を回収してくるよう頼んだ。サビーヌはまた、フェニックス戦隊の秘密基地場所が帝国に知られてしまうのではないかと危惧していた。サクソンを憎んでいたラウは、反乱者への協力に同意する。

サクソンは嘘を重ねるエズラに苛立ち、チョッパーをブラスターで破壊しようとした。エズラはフォースを使ってサクソンの手元を狂わせ、チョッパーを救ったが、そのせいでジェダイであることが敵に気づかれてしまう。その時、サビーヌがスモーク爆弾を使ってスーパー・コマンドーたちを攪乱し、エズラとチョッパーをキャンプから救い出した。しかし、ラウは<フェニックスII>を操縦して1人で逃げ去ってしまい、反乱者たちは地上に取り残され、再びスーパー・コマンドーに包囲される。サクソンはデス・ウォッチのメンバーだったサビーヌの母親に敬意を表し、もし自分に忠誠を誓ってラウの捜索に力を貸せば命は救ってやるとサビーヌに持ちかけた。サビーヌはラウの申し出を拒否し、ヘルメット着用者を苦しめる特殊な周波数を発するようチョッパーに合図を送った。

逃亡

Sabine Wren vs Gar Saxon

サビーヌとサクソンの一騎打ち

スーパー・コマンドーが聴覚への攻撃でひるんだすきに、サビーヌはエズラを抱きしめてジェットパックで飛翔し、チョッパーはロケット・ブースターを起動してその後に続いた。スーパー・コマンドーたちも体勢を立て直して追撃を開始したが、ブリッジャーは飛行中の敵兵士につかみかかり、ライトセーバーでジェットパックを破壊して撃退した。また、サビーヌはグレネードを使って峡谷を破壊し、敵の進路を塞いだ。最後の数名に追われている途中、ブリッジャーはサビーヌから手を放してしまい谷底へ落下しかけたが、チョッパーの上に着地し事なきを得る。

サビーヌ、エズラ、チョッパーはサクソンの宇宙船を奪って脱出するつもりだったが、混戦の末ジェットパックの制御を失い、船の近くの台地に落下した。その際、エズラはライトセーバーを落とし、サビーヌもブラスター・ピストルを失ってピンチに陥る。ところが、心変わりしたラウが<ファントムII>で戦場に戻り、戦況を覆した。エズラとチョッパーが機内に乗り込んだ後、ラウは最後のスーパー・コマンドーを倒し、サクソンのコムルク級ファイターを破壊した。サビーヌは地上に取り残されたが、サクソンとの格闘戦をしのぎ、ジェットパックで<ファントムII>のハッチへ飛び立った。サビーヌは船の手前でサクソンにジェットパックを狙撃されたが、エズラが彼女の腕をつかみ、無事に船内へ引き込んだ。

その後

反乱軍と関わったせいで部下のプロテクターを失ったフェン・ラウだったが、サビーヌ・レンが非マンダロリアンの友人エズラ・ブリッジャーやチョッパーを懸命に救おうとする姿を目の当たりにし、彼女に敬意を抱くようになった。ラウは部下たちを殺したサクソンに復讐を誓い、反乱軍への参加を決意する。結果的に、これまで非協力的だったマンダロリアンのベテラン戦士が反乱軍の戦力に加わることになった。

登場エピソード

参考資料

初期反乱運動
銀河系のタイムライン

前:クローン戦争

同時期:ジェダイの粛清 · ジェダの反乱 · マンダロリアン内戦 · ライロスの反乱

次:銀河内戦

銀河帝国に対する初期反乱運動の戦い
18 BBY ラーダ
5 BBY 帝国尋問ドロイド破壊任務 · 帝国補給船団の襲撃 · ロザル飛行場
キャピタル・シティ · ケッセル · ガレル・シティ宇宙港 · コザル
スティジョン・プライム · ロザル・アカデミー · 輸送船団
4 BBY カラー · ラーン · シーボ · 旧共和国元老院ビル · ジャラース
帝国通信センター · ムスタファー · シールド発生装置強奪任務
ロザル包囲戦 ロザルの任務 · フェニックス戦隊 (I) · シーロス
アブサンズ · アイバー · スラッド · ガレル(I) · インターディクター
3 BBY フェニックス戦隊(II) · インヴァー · ガレル(II) · ロザル補給基地
コンコード・ドーン(I) (II) · リラ・サン · ガス精製所
ライロス(I) · 帝国建造モジュール · フェニックス戦隊(III)
2 BBY ナラカ · ヤルマ · テラロフ · モントロス · ライロス(II) · アガマー
コンコード・ドーン(III) · マイカポ · ロザル(II) · ジオノーシス · チョッパー基地
クローネスト · キメラ · アーキオン星雲 · キルン・ステーション · アトロン
1 BBY マンダロア · ジェリンディ · フェイオス・ステーション · ロザル(III) (IV) (V)
ロザル・ジェダイ・テンプル · ロザル(VI)
0 BBY ウォバニ · カフリーンの環 · フラクチャー作戦 (ジェダ(I) (II) · イードゥー)
関連記事
銀河帝国 · ジェダイ · 反乱同盟 · シス
  [Source]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。