Wookieepedia
Advertisement

「ダーク・トルーパーは出動したのか?」
「もう間もなくです」
モフギデオン通信士官[出典]

第3世代設計ダーク・トルーパー(Third-generation design Dark Trooper)[3]モフギデオン率いる帝国軍残存勢力で使用されていたダーク・トルーパーである。このバトル・ドロイドは黒と銀ヒューマノイド型ボディを持ち、頭部に赤いフォトレセプター一組を備えていた。またこのドロイドは脚部にロケット・ブースターを搭載しており、高高度まで飛行することができた。[2] 9 ABY当時、ギデオンの軽クルーザーには複数のダーク・トルーパーが積載されていた。惑星ネヴァロ帝国軍基地破壊された後、女性通信士官がギデオンのもとを訪れ、<レイザー・クレスト>にホーミング・ビーコンを仕掛けたことを報告した際、モフは科学者たちと一緒にダーク・トルーパーのチェックを行っていた。[5] <レイザー・クレスト>を追ってタイソンに到着すると、ギデオンはマンダロリアンディン・ジャリンが保護しているグローグーと呼ばれるフォース=センシティブの幼児を誘拐するため、4体のダーク・トルーパーを出撃させた。ダーク・トルーパーたちはタイソンの寺院でグローグーを確保し、モフのクルーザーに連れ帰った。[2]

登場作品

参考資料

脚注

Advertisement