Fandom


この記事は未邦訳の作品を扱っており、記事のタイトルは公式な邦題ではありません。

終業時刻』(原題:End of Watch)はアンソロジー『ある視点から見た物語』に収録されている短編小説である。作者はアダム・クリストファー

あらすじ

パメル・ポールデス・スターステーション・コントロール・ウエストコマンダーを任されている。彼女の仕事はデス・スターの四半球の管理運用を監督することだ。ある日の終業時刻が近づいていた時、パメルの管轄内にあるドッキング・ベイ327YT-1300軽貨物船が収容され、スケジュールに変更と遅延が生じた。そしてコマンダー・シアードとシフトを交代する直前、監房ブロックAA-23で警報が鳴った。パメルは仕方なく対応に当たり、グランドモフターキンにも状況を報告した。その際ターキンが口にした“プリンセス”という単語や、ターキンとの通信が切れる直前に聞こえた「オビ=ワン・ケノービがここにいる。彼のフォースを感じる」という言葉の意味はパメルには見当もつかなかったが、どうやら例のYT-1300に関係する異常事態が起きているようだ。しかしパメルは終業時刻を忠実に守り、後のことは全てシアードに任せて職場を去った。

登場人物・用語

目次
人物 · 動物 · ドロイドの機種 · 出来事 · 地名
組織と称号 · 種族 · 乗物 · 技術と武器 · その他
人物
動物
ドロイドの機種
出来事
地名
組織と称号
種族
乗物
技術と武器
その他
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。