Fandom


「敬愛する閣僚にしてマンダロアの指導者である皆様、私は中立宣言がわが民に負担を強いていることを嘆いております。分離主義者と共和国の戦争は銀河全域に広まった。マンダロアへの交易ルートも閉ざされ、国民は腐敗に満ちた闇市場の利用を迫られている」
「何が起きたかは分かっておる。問題はどうするかだ」
―アルメク首相と内務大臣[出典]

統治評議会(Ruling Council)は新マンダロリアン政府の統治機構で、数名の閣僚によって構成された。クローン戦争の時代、統治評議会はアルメク首相のもとで惑星マンダロア政治方針を決定していた。

特徴

新マンダロリアン政府の統治評議会は内務大臣財務大臣をはじめとする複数名の大臣によって構成され[3]首相[1] 副首相が彼らを取りまとめた。[2] 統治評議会の会議は惑星マンダロアドーム型首都サンダーリにある宮殿で行われた。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。