Fandom


「平和な星を訪れた傭兵団についての物語がある。そこには彼らが欲しがっていた資源があった。彼らはそれを奪った。何度も戻ってきてはさらに奪った。ついにその星の住民は抵抗した。略奪者が戻ってきて貢ぎ物を要求したとき、住民は声を揃えて言いかえした。もうたくさんだ、と。略奪者は住民すべての舌を切った。男女を問わず、子どもも」
サヴァリアンクリムゾン・ドーンの歴史を語るエンフィス・ネスト[出典]
GhoelJabbasPalace

長い舌を持つウォル・キャバサイト

(Tongue)は多くの種族の中に備えている器官で、食べ物を飲み込んだりする際に使われた。[1] グンガンイコピなどの種族は長い舌を持ち、遠く離れた食べ物や飲み物を口の中に引き込むことができた。[2] また、ヘネムスィはカミソリのように鋭い舌を持っていた。[3]

ブラヴァイジアンは長い舌と柔軟なを持つ食虫動物から進化した。ブラヴァイジアンの宝石鑑定士であるソンシゴムンドゥーリ電子屈折計だけでなく敏感な舌や指も駆使して宝石の見定めをした。[4]

歴史

32 BBYスカイウォーカーの住居で食事をしたジェダイ・マスタークワイ=ガン・ジンは、舌を使って食べ物をとろうとしたグンガンのジャー・ジャー・ビンクスを叱った。[1]

惑星サヴァリーンの住民であるサヴァリアンは、犯罪組織クリムゾン・ドーンによる略奪に抵抗した際、女子供問わず全員、舌を切り取られるという報復を受けた。[5]

参考資料

脚注

外部リンク

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。