Fandom


「相手はただのサラシアンではないことをサブセクター司令部が確認している。彼らは血の夜明けと自称していて、通常では考えられないほど重武装している」
コシュ大尉[出典]

血の夜明け(Blood Dawn)は帝国時代惑星アーキットで活動していたサラシアン奴隷売買組織。ヘイルファイア級ドロイド・タンクを始めとする様々な兵器で武装していた。ヤヴィンの戦いの後、傭兵サポンザとその相棒によって討伐された。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。