FANDOM


装甲型強襲用戦車(Armored Assault Tank)、略称AAT、別名AAT-1ホバー・タンク(AAT-1 Hover Tank)は、バクトイド・アーマー・ワークショップ社が製造した浮揚戦車である。銀河共和国時代の後期にトレード・フェデレーション独立星系連合が使用した。

特徴

バクトイド・アーマー・ワークショップ社製の装甲型強襲用戦車(AAT)は、バトル・ドロイドによって操縦されるホバー車両であり[1]リパルサーリフト・テクノロジーを結集して製造された重装甲かつ高火力の浮揚戦車だった。[3] 中央上部に回転式長距離レーザー砲を搭載し、他に側面パイロン補助レーザー砲2門、正面短距離用ブラスター砲で武装していた。また、機体下部にエネルギー弾の発射管が6つあり、プラズマ膜でカバーされた高速・高侵徹弾、特殊徹甲弾、高性能炸裂弾などを発射することができた。乗組員はバトル・ドロイド6体(コマンダー1体、パイロット1体、砲手2体)。[1] また、OOMコマンド・バトル・ドロイドがAATに乗り込むこともあった。[8]

変形型

クローン戦争中、独立星系連合ロク・ダード将軍によって改造型AATのデフォリエーター配備タンク(DDT)が開発された。DDTはドロイドを傷つけることなく生命体だけを攻撃することができる新兵器、デフォリエーターの運搬及び発射を専門としており、機体後部に大型の砲台が取り付けられていた。[9]

銀河内戦期、銀河帝国はAATに似た独自のアサルト・タンクを使用していた。[10]

歴史

トレード・フェデレーションナブー侵略当時から装甲型強襲用戦車を使用し、B1バトル・ドロイドがクルーを務めていた。ナブーの戦いでは、大型兵員輸送車シングル・トルーパー・エアリアル・プラットフォームと共にナブーグンガン連合軍と戦った。[11] 分離主義運動の時代、フェデレーションが独立星系連合に参加したため、装甲型強襲用戦車も分離主義勢力ドロイド軍の戦力として使用されることになった。

登場エピソード

SepAAT

独立星系連合のカラーリングが施されたAAT

参考資料

脚注

独立星系連合
指導者 ダース・シディアス - ドゥークー伯爵国家主席) - グリーヴァス将軍ドロイド軍最高司令官
分離主義評議会 ヴァイスロイヌート・ガンレイ - ルーン・ハーコ - ポグル・ザ・レッサー大公 - エマーワット・タンバー監督者 - サン・ヒル会長 - パッセル・アージェンテ監督官 - シュ・マーイ会頭 - ポ・ヌードー - ティッケス元老院議員
分離主義元老院 ヴォー・アテル - バイ・ブラス - ミーナ・ボンテリ - アミータ・フォンティ - カーチ・クシ - ベック・ラワイズ - パン・リンバウド
主な参加勢力 トレード・フェデレーション - テクノ・ユニオン - バクトイド・アーマー・ワークショップ社 - インターギャラクティック銀行グループ - コマース・ギルド - コーポレート・アライアンス - クオレン孤立主義同盟 - リテイル・コーカス
関連用語 シャドウフィード - 分離主義危機
連合軍
組織 分離主義勢力ドロイド軍 - 分離主義勢力宇宙軍 - アンバラン民兵 - オンダロン近衛兵
バトル・ドロイド B1型ロケット - グラップル - ファイアファイター) - B2型B2-HA - B2-RP - ロケット・トルーパー - グラップル) - OOM型コマンド - セキュリティ - パイロット) - ドロイデカシャープシューター) - アクア・ドロイド - オクトゥプタラ・ドロイド - クラブ・ドロイド - デモリッション・ドロイド - ドロイド・コマンドー - ドワーフ・スパイダー・ドロイド - ドロイド・ガンシップ - バズ・ドロイド - ヘイルファイア級ドロイド・タンク - ホーミング・スパイダー・ドロイド - マグナガード - LR-57 - SD-K4
ビークル AAT - DDT - スーパー・タンク - MTT - NR-N99 - STAP - プロヴィデンス級 - ミュニファスント級 - レキューザント級 - ルクレハルク級 - サブジュゲーター級 - ハードセル級 - プンウォーカ116級 - トライデント級 - シーシピード級 - C-9979着陸船 - DH全能支援船 - ドロイド・トライ=ファイター - ナンテックス級 - ヴァルチャー・ファイター - ハイエナ級ボマー - ベルブラブ22 - ローグ級スターファイター
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。