「ああ、なるほどな。たぶんあれは解体用ドロイドだ。そういやあ警備されているみたいなことを、ターバが言ってた」
ホンドー・オナカー[出典]

解体ドロイド(Dismantler droid)は宇宙船の解体現場で使用されたドロイド。半球状の頭部とカニのような脚を備え、腕に帯電ペンチとノコギリを装備していた。惑星ヤルマにある銀河帝国の解体場レクレム・ステーションでは解体ドロイドが保安業務も担っており、ブラスター火炎放射器で武装していた。廃品予定のYウイング・ボマーを盗むためレクレム・ステーションに潜入した際、反乱者たちはさまざまな武器を駆使する解体ドロイドに手を焼いた。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。