Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

警棒(Baton)、別名スタン・バトン(Stun baton)、セキュリティ・バトン(Security baton)は主に法執行機関の兵士が治安維持用に携帯していた棒状の近接武器である。

歴史

クローン戦争の時代、コルサント保安部隊の警官やGUシリーズ・ガーディアン・ポリス・ドロイドマンダロリアン・ガードコルサントの警備任務に当たるライオット・クローン・トルーパーが警棒を装備した。また、インターギャラクティック銀行グループに属すムウンの警備兵も警棒を携行した。

ユーブリック・アデルハード総督アノート宙域封鎖した際、総督配下のストームトルーパー帝国軍士官候補生が警棒を装備した。また、ファースト・オーダー暴動鎮圧ストームトルーパーライトセーバーと渡り合うこともできるZ6暴動鎮圧用警棒を使用した。

惑星カントニカで沿岸都市カント・バイトの警備を行う法執行機関、カント・バイト警察は、照明器具と警棒の役割を兼ね備えたポリス・グロウ・ロッドを携帯していた。この高輝度のグロウロッドは犯罪現場を様々なスペクトルで照らすこともできれば、柄の部分を使って犯罪者を制圧することもできた。[5]

主な種類

登場エピソード

参考資料

脚注

外部リンク

Advertisement