FANDOM


Starkiller firing

スターキラー基地の超兵器

超兵器(Superweapon)は極めて高い破壊力を持つ兵器。例えば、銀河帝国の超兵器であるデス・スターバトル・ステーションは、惑星を破壊することができるスーパーレーザー砲を搭載していた。帝国宇宙軍コナン・アントニオ・モッティ提督は、超兵器の製造を可能にした高度なテクノロジーを愛し、デス・スターを宇宙最強の力と評価していた。第2デス・スターエンドアの戦いで破壊されてからおよそ30後、ファースト・オーダースターキラー基地には、星系全体を破壊することができる超兵器が収容されていた。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。