Fandom


Onager firing

オナガー級スター・デストロイヤーによる軌道爆撃

軌道爆撃(Orbital bombardment)、軌道攻撃(Orbital strike)はスター・デストロイヤー等の大規模な軍艦の主砲によって行われる、惑星地表に対する軌道からの爆撃である。軌道爆撃は敵に甚大なダメージを与える戦略であり、歩兵などの密集した敵を一掃したり、重要な攻撃目標に手軽に被害を与える手段として用いられた。しかしこの戦略は特に動く標的に対して精密性に欠ける攻撃手段だった。[1] 軌道爆撃は特定の標的エリアを壊滅させるために使うのが一般的だったが[2]銀河帝国ベース・デルタ・ゼロ戦略のように惑星全体を爆撃で荒廃させることもあった。[3]

歴史

CIS bombardment SoD part2

オード・マンテルに対する軌道爆撃

クローン戦争中、独立星系連合ドロイド軍最高司令官であるグリーヴァス将軍は、レディヴにあるジェダイ・テンプルプロヴィデンス級キャリアー/デストロイヤーからの軌道爆撃で破壊した。[4]

クローン戦争終盤の19 BBY、グリーヴァス将軍はダース・モール率いるシャドウ・コレクティヴ討伐するため、ブラック・サンの拠点がある惑星オード・マンテル首都を爆撃した。しかしモールとデス・ウォッチマンダロリアン・スーパー・コマンドーは爆撃を生き延びて分離主義勢力に勝利し、グリーヴァスとドゥークー伯爵を捕虜にとることに成功した。[5]

銀河帝国初期反乱運動当時からしばしば軌道爆撃を戦術として用いていた。18 BBYに発生したモン・カラの占領では、モフウィルハフ・ターキンの指示のもと、<ソヴリン>を始めとするインペリアル級スター・デストロイヤーから惑星モン・カラの水中都市群に軌道爆撃が行われた。[6]

Zero hour

帝国軍の軌道爆撃を防衛するチョッパー基地の偏向シールド

4 BBY、<ゴースト>の反乱分子スペクターズが惑星シーロスで発見された際、カシウス・コンスタンチン提督は軌道爆撃による攻撃を提案した。しかしエージェントアレクサンドル・カラス全地形対応装甲トランスポートを使った地上での直接攻撃を指示した。[7]

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。