Fandom


軌道造船所CC-24(Orbital Shipyard CC-24)はサイナー・フリート・システムズ社が製造した造船宇宙ステーションで、コロニーズ惑星カステル軌道に浮かんでいた。帝国時代パスクアル司令官がステーションの指揮を執り、エンジニア技術者ストームトルーパーが乗り込んでいた。エンドアの戦い以前、皇帝シーヴ・パルパティーンの個人用ヨットインペリアリス>が修理のためCC-24へ送られた。しかし、ランド・カルリジアン率いるチームが造船所に潜入し、借金返済のために皇帝のヨットをハイジャックした。<インペリアリス>を取り戻すため、皇帝は即座にアイデル准将コンロー艦長シャン艦長が指揮するインペリアル級スター・デストロイヤー3隻をカステル星系へ派遣した。皇帝の所有物を失ったことへの罰として、スター・デストロイヤーは造船所を破壊した。

特徴

軌道造船所CC-24はサイナー・フリート・システムズ社が製造した宇宙ステーションで、造船所としての機能を果たしていた。CC-24は銀河系コロニーズ領域、カステル星系惑星カステル軌道に浮かんでいた。

歴史

帝国時代、サイナー・フリート・システムズ社によって製造された軌道造船所CC-24はコロニーズ領域の惑星カステルの軌道に浮かんでいた。当時CC-24は銀河帝国によって管理運営され、帝国が所有するスターシップが修理や整備に回されていた。ホスの戦い以前、パスクアル司令官がステーションの指揮官を務めていた頃、銀河皇帝シーヴ・パルパティーン豪華船インペリアリス>が修理のために送られてきた。しかし、皇帝のヨットはギャンブラーランド・カルリジアンによって盗まれた。カステルの犯罪王パパ・トーレンに借金があったカルリジアンとロボトは、コリン・パースアレクシンパヴォールらを味方につけ、ステルス・スーツを着用して宇宙空間から造船所内に潜入した。エアロックを破った後、彼らはストームトルーパーの警備兵2名を気絶させ、<インペリアリス>をハイジャックしてシステムを作動させた。パスクアル司令官は皇帝の船が飛び去って行くのを目撃して恐怖に駆られた。彼はすぐにマス・アミダ大宰相に連絡を取り、たった今起きたばかりの事件を報告した。皇帝はすぐに3隻のインペリアル級スター・デストロイヤーをカステル星系へ派遣した。

The shipyard dies

造船所の破壊

アイデル准将コンロー艦長シャン艦長のスター・デストロイヤーは<インペリアリス>がハイパースペースにジャンプするよりも早くカステル星系に到着した。彼らは皇帝の所有物を失った造船所に“教訓”を与えるよう命じられていた。3隻のスター・デストロイヤーは一斉にターボレーザー砲撃を開始し、軌道造船所を爆破した。パスクアル司令官含むステーションの乗員は全員死亡した。

司令官と乗組員

<インペリアリス>の盗難事件が起きた当時、パスクアル司令官がCC-24の指揮を執っていた。この宇宙ステーションには多くのエンジニアや技術者、帝国軍将校、ストームトルーパーが乗り込んでいた。

登場エピソード

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。