Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

軍法会議(Court-martial)は軍人に対して行われる裁判である。[1] クローン戦争アンバラの戦いジェダイ将軍ポング・クレルの命令に背いたクローン・トルーパーファイブスジェシーは、もう少しで軍法会議にかけられるところだった。[2]

帝国軍将校のあいだでは、ダース・ヴェイダーが軍法会議の手間などかけず自ら裁きを下すことは広く知れ渡っていた。[3] 貨物船ドロメダー>で発生した事件の後、当時帝国宇宙軍上級中尉だったスローンは、海賊との戦いで用いた非正統的な主砲を咎められ、軍法会議にかけられた。しかし彼はウルフ・ユラーレン大佐の力添えもあって嫌疑を晴らすことができ、間もなく大尉に昇進した。[1]

初期反乱運動の時代、ジャン・ドドンナ率いる反乱分子マサッシ・グループに所属していたリーヴァン・テンザは、命令を無視して帝国の標的を攻撃したため軍法会議にかけられることになった。しかし彼は自らの潔白を証明するよりも、ドドンナのグループを抜けて過激分子パルチザンに加わる道を選んだ。[4]

登場エピソード

参考資料

脚注

外部リンク

他言語版
Advertisement