TheMandalorianChapter1.jpg

“ネタバレを踏んで行くか…冷たくなって行くか”

※ネタバレ注意:このページはTVドラマ・シリーズ『マンダロリアン』のネタバレ情報を含みます。

通信士官(Communications Officer)、略称COMMO将校の一種であり[2]、地上の軍事施設や[1] スターシップの船内で通信装置を担当する者の役職名である。宇宙戦闘における通信士官の主な役割は、艦隊の宇宙船間の通信をモニターすることだった。[2]

歴史

通信士官の役職はさまざまな軍隊で使われていた。スカリフの戦い当時、ルーン・バスコン反乱同盟スフィルナ級コルベットコンソナンス>で通信士官を務めていた。バスコンは戦闘中に周波数ホッピングを行い、惑星スカリフの地表でやり取りされていた銀河帝国の通信を一部傍受することに成功した。彼女はこの戦いを生き延び、手に入れた通信を記録に残した。[2] またホスの戦い当時、マッケイ帝国宇宙軍インペリアルII級スター・デストロイヤーアヴェンジャー>で通信士官を務めていた。[4]

新共和国時代、モフギデオンが率いる帝国軍残存勢力人間女性の通信士官が仕えていた。9 ABY頃、彼女はギデオンの軽クルーザーに乗り込み、ネヴァロで活動するミンバニーズ労働者の情報員とモフのあいだの連絡役を務めた。[5]

冷戦の時代、タスリン・ブランス少佐惑星ディカーレジスタンス基地で通信士官を務めていた。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。