Fandom


(登場エピソード)
51行: 51行:
 
*{{FOD|Jyn's Trade}}
 
*{{FOD|Jyn's Trade}}
 
*{{EP4}} {{1st}}
 
*{{EP4}} {{1st}}
  +
*{{Shortstory|story=The Sith of Datawork|book=From a Certain Point of View}}
  +
*{{Shortstory|story=The Luckless Rodian|book=From a Certain Point of View}} {{Mo}}
  +
*{{Shortstory|story=Not for Nothing|book=From a Certain Point of View}}
  +
*{{Shortstory|story=We Don't Serve Their Kind Here|book=From a Certain Point of View}}
  +
*{{Shortstory|story=The Kloo Horn Cantina Caper|book=From a Certain Point of View}}
  +
*{{Shortstory|story=Added Muscle|book=From a Certain Point of View}} {{Mo}}
  +
*{{Shortstory|story=You Owe Me a Ride|book=From a Certain Point of View}}
  +
*{{Shortstory|story=The Secrets of Long Snoot|book=From a Certain Point of View}}
  +
*{{Shortstory|story=Born in the Storm|book=From a Certain Point of View}}
  +
*{{Shortstory|story=Bump|book=From a Certain Point of View}}
  +
*{{Shortstory|story=The Angle|book=From a Certain Point of View}}
  +
*[[バトルフロント II:インフェルノ分隊]]
 
*[[おれたちの船って最高だぜ! ハン・ソロとチューバッカの冒険]]
 
*[[おれたちの船って最高だぜ! ハン・ソロとチューバッカの冒険]]
 
*{{MC|SWa4}}
 
*{{MC|SWa4}}

2020年4月13日 (月) 15:07時点における版

MandoCurrency-Corruption

クレジット・インゴット

「ところで、ご予算は?」
「共和国通貨で2万」
「共和国のクレジットだと? 共和国クレジットはここでは紙クズだ」
ワトークワイ=ガン・ジン[出典]

通貨(Currency)、あるいは(Money)は経済政策の担い手によって流通され、特定の領域内で主要な価値交換媒体として用いられる貨幣である。通貨はインゴット、チップ、コイン、あるいは電子といった形態でやり取りされた。銀河共和国銀河帝国新共和国の通貨であるクレジット銀河系規模で使用されていたが、アウター・リム・テリトリーなどの一部地域では使えないこともあった。

通貨の価値

銀河系政府が発行するクレジット通貨であっても、アウター・リム・テリトリーなどの政府の影響が及ばない地域では全くの無価値だった。[1] また銀河帝国が崩壊した後は帝国クレジットの信用が無くなり、カラマリ・フランなどの別の通貨のほうが取り引きにおいて重宝された。[2]

通貨の価値は変動することがあるが、ペガットアウレイゼミッドのように、通貨自体が貴金属などの物質でできている場合、銀河共通の価値を有した。また惑星カントニカにあるカジノ都市カント・バイトで流通していたカントコインも同様に、貴重なオーロディウムでできていた。ファースト・オーダー=レジスタンス戦争の時代、新共和国のクレジットは価値の変動が激しかったため、カント・カジノで遊ぶ客は手持ちの通貨をカントコインに交換しなければならなかった。[3]

通貨の種類

アウター・リム・テリトリーの惑星タトゥイーンでは、ハットが使うウーピーウーピーという通貨が流通していた。また、クローン戦争期のウータパウではドラガットという通貨が使われていた。

特定の宙域内で採れる産物がそこの間に合わせの通貨として利用されることもあった。貴重なノヴァ・クリスタルはしばしば物々交換に使われ、莫大な価値をふまえて一種の通貨とみなされていた。[4]

登場エピソード

参考資料

脚注

外部リンク

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。