Fandom


「このタンクに入ると外側からの刺激を遮断することになり、マスター・ヨーダは人工的な瞑想状態になります」
リグ・ネマ[出典]
DeprivationRitual

遮断の儀式

遮断の儀式(Deprivation ritual)はジェダイが行う瞑想方法の一種である。対象者を液体で満たされたタンクの中に入れて外部の刺激を遮断し、ゆっくりと空気の供給を断つことで限りなくに近づけ、人工的に深い瞑想状態をつくり出した。19 BBYジェダイ・マスターヨーダが死んだはずのクワイ=ガン・ジンの声を聞いた時、ドクターリグ・ネマは遮断の儀式を行って声の正体を探ってはどうかと提案した。ヨーダはこの儀式で再びクワイ=ガンの霊体と会話することに成功し、1人で惑星ダゴバへ向かうよう指示された。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。