Fandom


都市型強襲トライペッド・トランスポート(Urban Assault Triped Transport)、略称UA-TTファースト・オーダー銀河系各地の都市を制圧する際に使用したウォーカーである。クワット=エントラーラ・エンジニアリング社によって製造された。

特徴

概要

クワット=エントラーラ・エンジニアリング社が製造した都市型強襲トライペッド・トランスポート、通称UA-TTは2本のと1本のアームを備えたウォーカーである。全高6.52メートル(21フィート5インチ)、全長10.33メートル(33フィート11インチ)で、パイロット1名で運用することができた。UA-TTのデザインは、中央の“脚”を重火器発射時の安定装置として使用したクローン戦争当時の兵器、共和国グランド・アーミー全地形対応攻撃ポッド(AT-AP)に起源を持っていた。UA-TTウォーカーのコックピットは頭部にあり、前方に赤いビューポートが設けられていた。パイロットの出入りには頂上部のハッチが使用された。コックピットの後部には装甲化された乗客及び荷物用のキャビンがあり、パワー・セルは胴部に内蔵されていた。[1]

脚部とアーム

UA-TTウォーカーは2本の脚を使って趾行歩行で移動し、最高速度は速90キロメートルに達した。中央部の脚は停止状態で火器を発射する際の固定装置であると同時に、アームとしての役割を果たした。先端部にCAP-5捕獲アームが搭載されたこの腕はマニピュレーターと呼ばれ、建物の壁や窓を突き破ったり、屋根に穴を開けたり、障害を排除するなどの操作ができた。また腕を完全に伸ばせば、先端の鉤爪で犠牲者を掴んで動きを封じたり、即座に握りつぶすこともできた。2本脚のすねの支柱や、アームのサーボモーターは暴動鎮圧用のアーマーで保護されていた。[1]

兵器

用途

制作の舞台裏

UA-TTウォーカーは2019年公開のシークエル・トリロジー完結編『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』で初めて登場した。[2] 正式名称はパブロ・ヒダルゴによる設定資料集『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け ビジュアル・ディクショナリー&クロスセクション』で紹介された。[1] 公式サイト StarWars.comデータバンクではトライポッド(Tripod)と表記されている。[3]

登場エピソード

参考資料

脚注

ファースト・オーダー
主な人物 最高指導者スノーク - カイロ・レン - アーミテイジ・ハックス将軍 - キャプテンファズマ
組織 最高司令部 - ファースト・オーダー保安局 - エリート・プレトリアン・ガード - レン騎士団 - アテンダンツ
軍隊 宇宙軍ファースト・オーダーTIEファイター・パイロット - スターキラー空中防衛部隊 - カイロ・レンの中隊
地上軍ストームトルーパースノートルーパー - フレイムトルーパー - 暴動鎮圧ストームトルーパー - メガブラスター重アサルト・トルーパー - エクセキューショナー - エレクトロプロッド・トルーパー - ガンナー - ロケット・トルーパー
主な乗り物 AAL - AT-AT - AT-ST - AT-M6 - AT-MA - AT-PD - LIUV - UA-TT - トレッドスピーダー - TIE/es - TIE/fo - TIE/sf - TIE/vn - TIEウィスパー (改造型) - マンデイターIV級シージ・ドレッドノート - メガ級スター・ドレッドノート - ユプシロン級コマンド・シャトル - リサージェント級スター・デストロイヤー
関連項目 スターキラー基地 - リザレクション計画 - 冷戦 - ファースト・オーダー=レジスタンス戦争
[テンプレート]
他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。