Wookieepedia
Advertisement

市民に闇市場取り引きの通報を求める共和国のプロパガンダ・ポスター

「敬愛する閣僚にしてマンダロアの指導者である皆様、私は中立宣言がわが民に負担を強いていることを嘆いております。分離主義者と共和国の戦争は銀河全域に広まった。マンダロアへの交易ルートも閉ざされ、国民は腐敗に満ちた闇市場の利用を迫られている」
アルメク[出典]

闇市場(Black market)は政府の監視の目を逃れて行われる、商品やサービスの違法な取り引きである。クローン戦争期、法執行機関クローン・トルーパーによる取り締まりが行われていたにも拘わらず、銀河共和国の各地で闇市場の取り引きが行われていた。共和国は、闇市場は独立星系連合との戦争活動を阻害するものであると主張するプロパガンダ・ポスターを作成し、市民に通報を求めた。

歴史

共和国時代後期

銀河共和国時代後期、シス帝国の遺物は銀河系各地に散乱していた。ジェダイ・オーダーもそれは把握しており、シス・アーティファクトを含むダークサイドの遺物を集め、他の勢力の手に渡らないようジェダイ・テンプルアーカイブのボガン収蔵庫に保管していた。しかし82 BBY頃、シスの遺物が闇市場で大量に販売されるようになった。そのほとんどは偽物で、残りは無価値な物だったが、稀に本物が紛れ込むこともあった。こうした闇市場の取り引きには、遺物の正体を知らない密輸業者たちが関わることもあった。オーダーが遺物を封印してしまうことに不満を持っていたジェダイ・マスターリーン・コスタナは、自らシスの遺物を研究すべく、こうした闇市場に流れる品に狙いをつけた。[1]

クローン戦争期

クローン戦争中、共和国によるマンダロアへの援助が打ち切られた後、アルメク首相は市民に必要な物資を行き渡らせるため、密かにムーガンによる闇市場の取り引きをマンダロアに招じ入れた。

バリス・オフィーによってライトセーバーを奪われた後、アサージ・ヴェントレスは闇市場で黄色い刃を放出する新しいセーバーを入手した。

登場作品

参考資料

脚注

外部リンク

Advertisement