Fandom


「墓場では、死体があちらこちらにある。帝国の大型艦は、ジャクーの総人口を超えるくらいの人を乗艦させていたから、骨だらけなんだ。正直言って、骨なんか、もうあまり気にしないんだ。ここは骨だらけなんだから。多少原型が整っている遺骨を見たときだけ、少し気にとめるくらい」
レイの日誌より、宇宙船の墓場に関する記述[出典]
Krayt bones-Battlefront

クレイト・ドラゴンの骨

(Bone)は人間をはじめとする一部の動物骨格を構成するく頑丈な組織である。人間の他に、ミリアランイクトッチイトワイレックフィーオリンラサットといった知覚種族や、クレイト・ドラゴンチュリボダーログウォートキンタン・ストライダーなどのクリーチャーが骨を持っていた。グンガンの骨格は軟骨性の物質でできていた。

骨と文化

「骨スープを、この小さいのにやってくれ」
「ああ、ちょうど良いわ。グリンジャーをさばいたところだから、たっぷりあるの。あなたもどう?」
―“マンダロリアン”と寄合所の女主人[出典]

惑星ウータパウには樹木がほとんど存在しなかったため、ウータイパウアンは動物の骨を木材の代わりにしていた。彼らがルーハウ=ホエール等の骨を利用して作った建築様式は“オシック”と呼ばれた。[1]

ボダーの骨はシロシャンと呼ばれる楽器に利用された。

カーツジオン・ホエールの骨はジェダイライトセーバーの象嵌細工に使われることがあった。

イウォークシャーマンログレイチュリの頭蓋骨をかぶり物にしていた。

惑星ソーガンには骨スープと呼ばれる料理があり、グリンジャーの骨が食材として使われていた。9 ABY、ソーガンにある寄合所を訪れた賞金稼ぎの“マンダロリアン”は、一緒に連れてきたザ・チャイルドのために、女主人に骨スープを注文した。その後、キャラ・デューンマンダロリアンやザ・チャイルドと同じテーブルで骨スープを口にした。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

外部リンク

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。