Fandom


黄昏の惑星バーバラ・ハンブリーによる小説。『Planet of Twilight』の邦訳作品。1997年10月竹書房から発売された。翻訳者は富永和子。ハンブリー作『ジェダイの遺児』、ケヴィン・J・アンダースン作『ダークセーバー』に続く、カリスタ3部作の完結編である。

原書

この小説の原書、『Planet of Twilight』は1997年5月に発売された。

出版社によるあらすじ

上巻背表紙

遠い昔、はるか彼方の銀河で……

新共和国元首レイア・オーガナは長い準備期間を経て、ようやく惑星ナム・コリオスのセティ・アシュガッドとの平和的会見に臨もうとしていたが、会見を目前に派遣艦隊に疫病が発生。多数の犠牲者を出した。“死の種”と判明した疫病は、自然発生したものか、会見反対派の陰謀か。一見何の価値もない原始的な惑星には銀河最大の合成ドロイド・メーカー=ロロナー社の欲望をそそる秘密が隠されていた!ドラッグをかがされ、幽閉されたレイアを救うべく、偽造ホロに惑わされる共和国首脳部をよそに、ルークはフォースに従って単身ナム・コリオスに向かう。カリスタの思い出を胸に……。

好評『ダークセーバー』の一年後を描く最新小説版、いよいよ開幕!!

下巻背表紙

遠い昔、はるか彼方の銀河で……

会見目前にしてコリオス星系に発生した恐怖の疫病“死の種”は、やはり組織的な陰謀によるものだった。拉致されたレイア・オーガナは、セティ・アシュガッドの屋敷でフォースを操るハット人ベルドリオンと、アシュガッドの秘書ズィムの会話から事件の真相を知り、自力で脱出を試みる。その頃、レイアのフォースに導かれたルークは新住民たちとともに、首都ウェグ・シャルを目指していた。しかしフォースの嵐吹き荒れるナム・コリオスには、フォースを操る第三・第四の人物がいた……。元首誘拐という最悪の危機を迎えた新共和国に、再び平和は訪れるのか!?

『ジェダイの遺児』に始まる“カリスタ3部作”ここに完結!!

登場人物・用語

スター・ウォーズ レジェンズの翻訳小説
1978年 スター・ウォーズ - 侵略の惑星
1980年 帝国の逆襲
1983年 ジェダイの復讐
1992年 帝国の後継者 - 帝国の復活 - ジェダイの遺産
1993年 暗黒の艦隊 - ゾルバの復讐 - 運命の惑星 - 帝国の女王
1994年 最後の指令 - 暗黒の預言者 - バクラの休戦
1995年 レイアへの求婚 - ジェダイの末裔 - 暗黒卿の復活
1996年 フォースの覇者 - ジェダイの遺児 - クリスタル・スター - コレリアの反乱 - セロニア奇襲作戦
1997年 決戦センターポイント - 帝国の影 - 新生ローグ中隊 - ダークセーバー - 首都奪回への賭け - 黄昏の惑星 - 嵐の予兆
1998年 偽りの盾 - 暴君の試練 - クライトスの罠 - 新反乱軍 - バクタ大戦
1999年 聖地の罠 - ハットの策略 - ファントム・メナス - 反乱の夜明け - 過去の亡霊 - 未来への展望 - 新たなる脅威
2000年 暗黒の潮流 - ローグ・プラネット - アイソアへの侵攻 - 英雄の試練 - ジェダイの失墜
2001年 バランス・ポイント - ダース・モール 闇の狩人 - 征服 - 偽りの仮面 - 復活 - 猟獣
2002年 陥落 - 崩壊の序曲 - クローンの攻撃 - 暗黒の旅路 - レベル・ドリーム - 魔都潜入
2003年 反逆者 - 運命の道 - レムナント - 逃亡者 - タトゥイーン・ゴースト - 再会
2004年 最後の予言 - 迷走 - 統合 - 破砕点 - セスタスの偽り - 生存者の探索
2005年 ジェダイの試練 - 暗黒の会合 - 悪の迷宮 - シスの復讐 - 暗黒卿ダース・ヴェイダー
2006年 危険なミッション - 外宇宙航行計画 - 闇の警告 - ジョイナーの王 - 影の女王 - 冒険のはじまり - 師弟のきずな
2007年 キリック戦争 - アンダーワールド - 危険なゲーム - ナブーに死す - 皇帝の罠 - ダークサイドの誘惑 - ダークサイドの陰謀 - 指導者学校の秘密
2008年 ダース・ヴェイダー 光と影 - シャドー・トラップ - 忠誠 - 真実の瞬間 - クーデターの真相 - クローン・ウォーズ - デス・スター - 偽りの平和 - 最後の対決
2009年 フォース・アンリーシュド ダース・ヴェイダーの弟子 - オビ=ワン・ケノービの伝説 - ミレニアム・ファルコン
2010年 ボバ・フェット① - ボバ・フェット② - ボバ・フェット③
2011年 ルーク・スカイウォーカー伝 - ボバ・フェット④
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。