Fandom


11-4Dシスの暗黒卿ダース・プレイガスが所有し、のちに彼の弟子ダース・シディアスに引き継がれたプロトコル・ドロイドである。11-4Dは複数のアームを持ち、コンピューター・インターフェースや充電器などさまざまなツールを備えていた。11-4Dは帝国時代に至るまで長年にわたってシディアスに仕え、外見はプレイガスの所有物だった時代から大きく変化していた。[1]

制作の舞台裏

11-4Dの初出は2012年に発売されたスター・ウォーズ レジェンズの小説『Darth Plagueis』(ジェームズ・ルシーノ著)である。正史設定での初登場作は2014年発売の同じくルシーノ著『ターキン』。

登場エピソード

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。