2-1B共和国再建のための同盟2-1B外科医ドロイド銀河内戦中の3 ABY医療アシスタント・ドロイドFX-7とともに惑星ホスエコー基地に配属されていた。2-1Bは人間種族の患者を扱った経験が長く、怪我人や病人に愛情深く接した。彼は傷跡がほとんど残らないほど正確な治療をすることができた。

経歴

ヤヴィンの戦いの3年後、医療ドロイド2-1Bは惑星ホスにある反乱同盟軍の秘密作戦本部、エコー基地に配属されていた。2-1BとFX-7はワンパに襲われて負傷したルーク・スカイウォーカー中佐バクタで治療した。間もなくエコー基地は銀河帝国による奇襲を受けたが、2-1Bは無事に惑星を脱出することができた。

その後、2-1BはEF76ネビュロンBエスコート・フリゲートリデンプション>に配属された。シス卿ダース・ヴェイダーとの対決で右腕を失ったスカイウォーカーは、ホスで親切な対応をしてくれた2-1Bを個人的に指名し、腕の治療を任せた。2-1Bの治療のもと、スカイウォーカーはサイバネティックスの義手を移植された。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。