Fandom


トルーパー: 「ここを見張ってろ、327」
327-T: 「≪抗議の電子音≫
トルーパー: 「わかったわかった、327-T」
キャプテン: 「ドロイドはフルネームで呼ばれないと機嫌が悪い」
―327-T、クローン・トルーパークローン・キャプテンの会話[出典]

327-T銀河共和国ヴェネター級スター・デストロイヤートランクィリティ>に乗艦していたWED-15トレッドウェル・ドロイドである。このドロイド327という略称で呼ばれると機嫌を悪くした。

経歴

327-T FAIL

ヴェントレスの侵入を見逃す327-T

クローン戦争中、修理ドロイドの327-Tは共和国宇宙軍ヴェネター級スター・デストロイヤートランクィリティ>に乗り込んでいた。22 BBYトレード・フェデレーションヴァイスロイヌート・ガンレイ惑星コルサントへ護送していた<トランクィリティ>は、アサージ・ヴェントレス率いる分離主義勢力によって襲撃を受けた。敵がボーディング・シップで船体に穴を開けた後、327-Tは反応炉区画で侵入者を警戒した。しかし、ヴェントレスは327-Tの死角を巧みに移動し、ドロイドに気づかれないようにサーマル・デトネーターを設置した。デトネーターが起爆された時、327-Tは瓦礫の下敷きになったが、ヴェントレスを追って来たジェダイ・マスタールミナーラ・アンドゥリパダワンアソーカ・タノによって解放された。

登場エピソード

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。