「まず申し上げておきます。奉仕と犠牲により、7-7ダージオスは、同胞会の僕の最高位までのぼり詰め、部分的に有機生命体であるに過ぎません。話しかける際には身の程をわきまえてください。あなたがたよりも高位の生命体なのですから」
バルサマス[出典]

7-7ダージオス(Seven-Seven Dirgeos)は人間男性で、針金と骨の同胞会の高位メンバーである。もともとルアス・ファステント(Ruas Fastent)という名で、銀河帝国に仕える提督だった。ヤヴィンの戦い以前、ファステント提督はパウアン犯罪王ファイゼン・ゴアを執拗に追い回した。やがて彼はゴアを捕まえたものの、最終的にゴアの思想に影響され、自分のを差し出してサイボーグとなり、同胞会のメンバーになった。彼はグラヴァ帝国収容所に入れられたが、のちにこの施設は同胞会の修道院となった。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。