Fandom


8D8ジャバ・ザ・ハットに仕えた男性プログラム8Dシリーズ製錬ドロイドである。エンドアの戦いの当時、惑星タトゥイーンにあるジャバの宮殿で、EV-9D9とともに他のドロイド拷問して楽しんでいた。彼はプロトコル・ドロイドアストロメク・ドロイドといった自分より高度なドロイドを嫌っていた。

経歴

DroidChamber-BF

機能を停止した8D8

ヴァーパイン・ローシュ・ハイヴ社によって製造された8Dシリーズ製錬ドロイドの8D8は、もともと鉱石採取施設の過酷な労働環境で単純作業をこなすドロイドとして造られたが、犯罪王ジャバ・ザ・ハットの所有物となった後にプログラムを書き換えられ、サディスティックな性格になった。4 ABY当時、8D8は惑星タトゥイーンにあるジャバの宮殿監督ドロイドEV-9D9のアシスタントを務め、他のドロイドを拷問して楽しんだ。エンドアの戦いの直前、R2-D2C-3POがジャバの宮殿のドロイド・プールにやって来た時、8D8はGNKシリーズ・パワー・ドロイドを拷問していた。ジャバの後、8D8は機能を停止し、GNKと一緒に宮殿の中に取り残された。

個性と特徴

冷酷な工業ドロイドである8D8は、再プログラムによってサディスティックな性格の持ち主になった。8D8はアストロメク・ドロイドプロトコル・ドロイドといった自分より高度なドロイドを嫌い、こうしたドロイドには特に辛く当たっていた。

8D8はひょろっとしたヒューマノイド型の体格で、全高1.83メートルだった。8D8の顔は細長く、落ちくぼんだ眼窩に2つのフォトレセプターが輝いていた。彼は工業用の製錬ドロイドだったため、耐久力が極めて高かった。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。