「我らは、針金と骨の同胞会の僕である。命に限りある不完全な肉体の罪深き腹より生じながらも、我らは奉仕と犠牲により、単なる有機生命体の域を超えたのだ、あぁ」
―9-7サクァンズ[出典]

9-7サクァンズ(Nine-Seven Saquanz)は男性クオレンで、ファイゼン・ゴアが創始した針金と骨の同胞会のメンバーである。7 ABY当時、衛星グラヴァにある修道院で同胞会に奉仕していた。同胞会に肉体の犠牲を捧げたサクァンズの外見はかろうじてクオレンだとわかる程度で、顔の触手の3本はちぎり取れ、残りの1本もずたずたで軟の一部が残っているだけだった。また青白い両の周りに並ぶ細かい擦り傷は化膿していた。[1]

ハン・ソロランド・カルリジアンが旧銀河帝国ルアス・ファステント提督に会うためグラヴァにやってきた時、サクァンズは人間の同胞ブラケット12-12とともに訪問者を迎えた。サクァンズが修道院に入る前に武器を出すよう求めると、はじめ2人の密輸業者は拒絶しようとしたが、バルサマスを始めとする武装したカルト・メンバーが姿を現したため大人しく要求に従った。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。