Fandom


「わしも兵士だ、兄弟。そのために生まれた」
―99の最期の言葉[出典]

99賞金稼ぎジャンゴ・フェットDNAから作り出されたクローンの1人である。彼はクローニング・プロセスの途中で欠陥を持って生まれたため、クローン・トルーパーの訓練を受けることができなかった。クローン戦争中、99は惑星カミーノティポカ・シティにある施設で清掃業務などの雑務に従事した。

経歴

99AtWork-SWE

銃器を運ぶ99

99は銀河共和国に忠実な兵士になるべく惑星カミーノで生み出されたクローンの1体である。99は遺伝的な異常を抱えて生まれた不良品で、戦闘には適さないと判断された。他の“兄弟”が共和国グランド・アーミークローン・トルーパーへ成長していく中、99はティポカ・シティにある軍事複合施設で仲間の援助に回った。99に与えられる主な仕事は単純な清掃作業だったが、彼は共和国の誇り高き兵士たちと関われる仕事に誇りを持っていた。[1]

22 BBY、99は軍事施設での仕事を通じてデルタ分隊クローン候補生たち(ヘヴィードロイドベイトカタップエコーファイヴス)と親しくなった。当時この分隊はチームワークの課題を解決することができず、シタデル・チャレンジのテストを通過することができずにいた。99は次のテストを放棄しようとしていたヘヴィーを見つけ、挑戦するチャンスが与えられているだけでも恵まれていると慰めた。ヘヴィーは99の説得で考えを改め、ジェダイ将軍シャアク・ティから与えられた追試の機会で仲間との協調性を発揮した。テストに合格したヘヴィーは、一人前の兵士に与えられる卒業メダルを99に譲った。[3]

その後エコーとファイヴスは第501軍団の兵士となってカミーノに戻ってきたが、ヘヴィーはリシ・ムーン戦いで戦してしまった。間もなく独立星系連合によるカミーノ侵略が始まると、99は施設内でエコー、ファイヴス、候補生たちを手助けした。兵舎の中でクローン・キャプテンレックスクローン・コマンダーコーディらと合流した後、99はバトル・ドロイドと戦う仲間のために武器弾薬の補給を行った。しかし彼は新しい爆弾を取りに行こうとした際に背中を撃たれ、命を落とした。[2]

個性と特徴

「本物の兵士を亡くした」
―コーディ[出典]
99Dead-ARCT

99の最期

99は賞金稼ぎジャンゴ・フェットDNAをもとに生み出されたクローンだったが[3]、製造プロセスに欠陥があったため遺伝子的な障害を持つ奇形として誕生した。彼の身長は1.68メートルと標準的なクローン・トルーパーよりも低く[1]、クローン戦争序盤の段階ですでに年老いた外見になっていた。[3] 99はティポカ・シティで他のクローンの訓練を補佐するという単調な仕事を与えられていたが、共和国の英雄たちに関われることを誇りに思っていた。また、彼は穏やかで思慮深く、聡明な性格の持ち主で、軍事教練の厳しさに直面した候補生に彼ならではのアドバイスを提供した。[1]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。