Fandom


AT-DPアーク・キャノン試作型(AT-DP Arc Cannon Prototype)は超兵器ダッチェス”を搭載した銀河帝国の試作型ウォーカーである。サビーヌ・レン帝国アカデミー在学中に開発したダッチェスは、マンダロリアン・アーマーに使われるベスカー合金を標的に定め、その着用者を蒸発させることができた。

特徴

AT-DPアーク・キャノン試作型[1] は“ダッチェス”のニックネームで知られる超兵器アーク・パルス・ジェネレーターを搭載するために改造された全地形対応防衛ポッド(AT-DP)のプロトタイプである。標準的なAT-DPが重レーザー砲を搭載する“顎”の部分にダッチェスを装着することができた。ダッチェスはマンダロリアン・アーマーに用いられるベスカー合金を標的としてロックオンし、その着用者を蒸発させる青い光線を発射することができた。[2]

歴史

帝国時代、AT-DPアーク・キャノン試作型はダッチェスを搭載するためのウォーカー兵器として開発された。1 BBYマンダロアを支配するタイバー・サクソン総督レン氏族マンダロリアン戦士との内戦でこの兵器のテストを行った。試作型AT-DPから放たれた光線は効果範囲内のストームトルーパーを全く傷つけること無く、マンダロリアン戦士だけを消滅させることに成功する。この戦場に居合わせたアーサ・レントリスタン・レンは効果範囲の外にいたため軽傷で生き延びた。実験結果の報告を受けた帝国軍スローン大提督は、アーク・パルス・キャノンの威力はさらに向上させる必要があると判断し、開発者であるサビーヌ・レンを捕まえるようタイバー・サクソンに命じた。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。