AV-6R7銀河帝国に仕えたVシリーズ・ドロイド・スーパーバイザーである。第2デス・スターの建造現場で、労働ドロイドの監督を行った。

経歴

帝国時代Vシリーズ・ドロイド・スーパーバイザーのAV-6R7は第2デス・スターの建造現場で労働ドロイドの監督者を任されていた。しかしこの監督ドロイドは、故障したパワー・ドロイドの監督を怠ったために両をもがれてしまった。[2] 4 ABYに発生したエンドアの戦いの直前、反乱同盟のメンバーを乗せたシャトルタイディリアム>が衛星エンドアにやってきた時、AV-6R7はエグゼクター級スター・ドレッドノートエグゼクター>のブリッジにあるクルー・ピットで働いていた。[4]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。