Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

「人間のような感情を持ちたいと思っていましたが…ダメでした! さよなら!」
―ファイヴスに対し、AZI-3[出典]

AZI-345211896246498721347惑星カミーノティポカ・シティカミーノアンのために働いていたサイボット・ギャラクティカ社AZシリーズ外科補助ドロイドである。クローン・トルーパーファイヴスからはAZI-3オメガからはAZという略称で呼ばれていた。銀河共和国時代の末期、AZI-3はカミーノアンが造りだしたクローン・トルーパーの傷を手当てし、時には患者に悲惨なニュースを伝える仕事を任されていた。少しばかり柔軟なプログラムが施された医療ドロイドであるAZI-3は、実践的研究がお気に入りの仕事だった。

クローン戦争の終盤、オーダー66の誤作動によってジェダイ将軍ティプラーを殺害したクローン・トルーパータップがカミーノに搬送された。タップの治療と監視を行うことになったAZI-3は、カミーノアンのドクターナラ・セにタップの生体検査を行うよう進言したが、認められなかった。その後、AZI-3はタップの親友であるクローントルーパー、ファイヴスから命令に背いてタップの検査を行うよう説得され、トルーパーの内に行動抑制チップが埋め込まれていることを突き止めた。AZI-3の助力のおかげで、ファイヴスは思いがけずオーダー66の陰謀の真相に迫ることになったが、医療ドロイドと別れてコルサントに戻った後、チップの存在を公表できないまま命を落としてしまった。

戦争が終わり、共和国に代わって銀河帝国設立された直後も、AZI-3は引き続きティポカ・シティ軍事複合施設で働いていた。クローン・トルーパーのカフェテリアで乱闘騒ぎが発生した後、AZI-3は気絶したクローン・フォース99の隊員CT-1409“エコー”を診察した。またのちにAZI-3は、ナラ・セの助手であるオメガと一緒にクローン・フォース99の兵舎に忍び込んだが、ショック・トルーパーに見つかって締め出されてしまった。さらにその後、AZI-3はクローン・フォース99の隊員の中で唯一オーダー66に従ったCT-9904“クロスヘアー”の診断に立ち会った。

登場エピソード

参考資料

脚注

Advertisement