Bウイング・マークII(B-wing Mark II)は冷戦以前に使用されていたスターファイターのモデル。レジスタンスの技術者たちはこのスターファイターの部品を兵員輸送船に流用した。

特徴

Bウイング・マークIIは丸いコックピットを持ち、パイロット1名で運用された。このスターファイターは少なくとも1門のガーヒル社R-9X重レーザー砲を搭載し、高精度照準レーザーを装備していた。レジスタンスの技術者はBウイング・マークIIの武器やコックピット、生命維持装置を輸送船の部品として流用した。[1]

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。