Fandom


BG-81モン・カラマリエンジニアクアリーが所有したロザル・アストロメク・ドロイドである。ヤヴィンの戦いの数前、BG-81は惑星シャンティポールスターファイターの設計・開発を手伝っていた。

経歴

Jun Sato and Quarrie

反乱者たちと別れるBG-81とクアリー

帝国時代、BG-81は所有者であるモン・カラマリ技術者クアリーとともに惑星シャンティポールに住んでいた。4 BBY当時、このアストロメク・ドロイドBウイング・スターファイターの前身である“ブレード・ウイング”ことプロトタイプB6の設計開発を手伝っていた。スペクターズのメンバーであるヘラ・シンドゥーラサビーヌ・レンガラゼブ・オレリオスたちが強力な戦闘機を求めてシャンティポールにやってきた時も、BG-81はクアリーのガレージに居合わせた。[2]

その後、BG-81とクアリーはヘラがシャンティポールの峡谷の中でプロトタイプB6のテスト飛行を行うのを見守った。また彼らは反乱者たちが乗ってきたVCXシリーズ補助スターファイターファントム>を改造してハイパードライブアストロメク・ソケットを取りつけ、ハイパースペース航行装置を持たないプロトタイプB6を戦場に運べるようにした。ヘラとサビーヌはプロトタイプB6を使って惑星アイバー上空での戦闘に勝利し、BG-81とクアリーも<ファントム>からその模様を見守った。戦いが終わった後、BG-81は反乱軍のためにBウイングを大量製造すべく、クアリーとともに反乱軍艦隊を離れた。[2]

特徴

他のロザル・アストロメク・ドロイドと同じく、このドロイドもロザル・ロジスティクス社によって製造され、全高は1.04メートルだった。[1] BG-81はボディが白と灰色の縞模様に塗装され、足とドーム型頭部はくすんだ黄色だった。[2] BG-81はモン・カラマリのスターシップ・エンジニアであるクアリーに仕え、プロトタイプB6の製造を手伝った。またこのドロイドはプロトタイプB6のテスト飛行と最初の実地使用の現場に居合わせた。[3]

制作の舞台裏

BG-81 concept art

BG-81のコンセプト・アート

BG-81は2015年11月11日に放送されたアニメ『スター・ウォーズ 反乱者たちシーズン2の第7話『名パイロットの翼』で初登場を果たした。

登場エピソード

参考資料

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。