Fandom


「大騒ぎの末に、アストロメク一体のみか?」
「これはBT-1、“ブラストメク”のプロトタイプよ。アストロメクの機能もあるけど、それは偽装のためで、本業は暗殺なの」
ダース・ヴェイダードクターアフラ[出典]

BT-1アサシン・ドロイド(BT-1 assassin droids)、通称ブラストメク(Blastomechs)は銀河帝国グランドモフウィルハフ・ターキンが管轄する基地で開発されていたアストロメクアサシン・ドロイド。アストロメク・ドロイドの機能を備えていたが、ボディにブラスター火炎放射器といった大量の火器を内蔵していた。ヤヴィンの戦い以前、プロトタイプの“BT-1”が完成したが、このドロイドはターキンのスタッフを殺して基地の自爆装置を起動させ、逃亡した。BT-1はのちに考古学者チェリ・ローナ・アフラに拾われ、シス卿ダース・ヴェイダーの部下になった。[1]

登場エピソード

脚注

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。