Fandom


BTL-S3 Yウイング・スターファイター(BTL-S3 Y-wing Starfighter)はYウイング・スターファイターの一種である。銀河内戦期に共和国再建のための同盟によって使用された。

特徴

Yウイング・スターファイターの一種、BTL-S3は2基のエンジンを持つ戦闘機で、外見は同シリーズのBTL-A4モデルとよく似ていた。しかしBTL-S3は単座式のBTL-A4と違って2人乗りで、パイロット砲手の2名によって運用された。BTL-S3は機種に2門のレーザー砲を備え、コックピットの後ろに砲手が操作する旋回式の2連砲塔が配置されていた。[1]

またBTL-S3はアストロメク・ドロイド1体を収容するソケットがあり、偏向シールド発生装置[3]ハイパードライブを搭載していた。BTL-S3は速度が遅く、扱いにくい機体だったが、その頑丈さで知られていた。[1]

歴史

Tertiary Usaita system-TWOAJ

帝国軍と戦うBTL-S3

BTL-S3 Yウイング・スターファイター[2]帝国時代共和国再建のための同盟の戦闘機として使用された。0 ABYヤヴィンの戦いの直後、ルーク・スカイウォーカーY 4という機名のBTL-S3に乗り込み、銀河帝国の通信記録の回収任務に出向いた。しかし彼は第3ウサイタ星系帝国軍と遭遇し、レイザー級フリゲートクルージズ・リヴェンジ>やTIEファイターとの戦いで機体に損傷を負った。その後ルークは修理のため惑星デヴァロンに戻り、この星にあるイーディット寺院を探索した。[3]

34 ABY冷戦の時代、レジスタンスはBTL-3を少なくとも1機、偵察任務用に使っていた。当時この機体はレジスタンスで唯一の2人乗りスターファイターだったが、スパレックスの任務で破壊されてしまった。[1]

制作の舞台裏

BTL-S3 Yウイングの初出は、1978年に発売されたレジェンズの小説『侵略の惑星』(アラン・ディーン・フォスター著)である。正史では2015年発売のジェイソン・フライによるジュニアノベル『ジェダイの剣術を磨け! ルーク・スカイウォーカーの冒険』が初登場作品となる。BTL-S3という機種名はコミックスター・ウォーズ:ポー・ダメロン レジェンド・ロスト』で初めて言及された。

登場エピソード

参考資料

脚注

他の言語
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。