FANDOM


「バトル・ドロイドか」
「侵略部隊です」
クワイ=ガン・ジンオビ=ワン・ケノービ[出典]

C-9979着陸船(C-9979 landing craft)、通称トレード・フェデレーション着陸船(Trade Federation landing ship)は、ハオア・チョール・エンジニアリング社が製造したトレード・フェデレーションの重輸送スターシップである。クローン戦争では独立星系連合ドロイド軍で使用された。

特徴

「一個大隊は積み込んでいるぞ。戦車も一緒のはずだ」
リース[出典]

ハオア・チョール・エンジニアリング社製C-9979着陸船は上下から見ると巨大なH型のシルエットをした重装甲輸送船である。長い翼と特徴的な荷役タラップが印象的で、ドッキングと収容を容易にするために翼の部分を取り外すことが可能だった。飛行時はテンソル(張力強化)・フィールド発生装置によって翼と機体全体の一体化が図られ、巨大リパルサーリフト装置によって自重による機体のたわみを防いでいた。C-9979着陸船は兵員輸送車28機、大型兵員輸送車11機、装甲型強襲用戦車114機を積み込むことができた。運用には88体のドロイドが必要とされた。[1] また、この着陸船は回転砲台4門と翼端レーザー砲2門で武装していた。[2]

歴史

トレード・フェデレーションヤヴィンの戦いの32前に発生したナブーの侵略でC-9979着陸船を使用した。着陸船から展開されたバトル・ドロイドはナブーの首都シードグンガンの水中都市オータ・グンガを制圧した。また、ジェダイクワイ=ガン・ジンオビ=ワン・ケノービは侵略部隊のC-9979に忍び込んでナブーの地上に降りた。[6] C-9979はクローン戦争独立星系連合によって使用された。

登場エピソード

参考資料

脚注

独立星系連合
指導者 ダース・シディアス - ドゥークー伯爵国家主席) - グリーヴァス将軍ドロイド軍最高司令官
分離主義評議会 ヴァイスロイヌート・ガンレイ - ルーン・ハーコ - ポグル・ザ・レッサー大公 - エマーワット・タンバー監督者 - サン・ヒル会長 - パッセル・アージェンテ監督官 - シュ・マーイ会頭 - ポ・ヌードー - ティッケス元老院議員
分離主義元老院 ヴォー・アテル - バイ・ブラス - ミーナ・ボンテリ - アミータ・フォンティ - カーチ・クシ - ベック・ラワイズ - パン・リンバウド
主な参加勢力 トレード・フェデレーション - テクノ・ユニオン - バクトイド・アーマー・ワークショップ社 - インターギャラクティック銀行グループ - コマース・ギルド - コーポレート・アライアンス - クオレン孤立主義同盟 - リテイル・コーカス
関連用語 シャドウフィード - 分離主義危機
連合軍
組織 分離主義勢力ドロイド軍 - 分離主義勢力宇宙軍 - アンバラン民兵 - オンダロン近衛兵
バトル・ドロイド B1型ロケット - グラップル - ファイアファイター) - B2型B2-HA - B2-RP - ロケット・トルーパー - グラップル) - OOM型コマンド - セキュリティ - パイロット) - ドロイデカシャープシューター) - アクア・ドロイド - オクトゥプタラ・ドロイド - クラブ・ドロイド - デモリッション・ドロイド - ドロイド・コマンドー - ドワーフ・スパイダー・ドロイド - ドロイド・ガンシップ - バズ・ドロイド - ヘイルファイア級ドロイド・タンク - ホーミング・スパイダー・ドロイド - マグナガード - LR-57 - SD-K4
ビークル AAT - DDT - スーパー・タンク - MTT - NR-N99 - STAP - プロヴィデンス級 - ミュニファスント級 - レキューザント級 - ルクレハルク級 - サブジュゲーター級 - ハードセル級 - プンウォーカ116級 - トライデント級 - シーシピード級 - C-9979着陸船 - DH全能支援船 - ドロイド・トライ=ファイター - ナンテックス級 - ヴァルチャー・ファイター - ハイエナ級ボマー - ベルブラブ22 - ローグ級スターファイター
[テンプレート]
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。