Wookieepedia
Wookieepedia

C.R.C.、別名ホズニアン暦(Hosnian Reckoning)は銀河系で使われていた暦法のひとつである。C.R.C.の基点は、プリンセスレイア・オーガナ共和国再建のための同盟のメンバーであることが発覚し、銀河帝国による逮捕状が交付された事件の7977年前である[1](この事件は別の暦法0 BBYに位置づけられている[2])。C.R.C.暦で4桁の年を表現する際、アポストロフィの後に最後の3桁または2桁だけで表記することがある(例:7945年を '945年と表記)。[1]

C.R.C.暦における主なできごと

制作の舞台裏

C.R.C.暦法は2018年発売の設定資料集『スター・ウォーズ:スカム・アンド・ヴィラニー』(パブロ・ヒダルゴ著)で初めて紹介された。この暦法では、1977年に公開された『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』のできごとがC.R.C. 7977年に設定されている。

参考資料

  • スター・ウォーズ:スカム・アンド・ヴィラニー

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 スター・ウォーズ:スカム・アンド・ヴィラニー
  2. スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス