Fandom


CC-4Mいボディを持つ労働ドロイドである。帝国時代、CC-4Mは他の大勢のドロイドと一緒に惑星ケッセルにあるパイク・シンジケートスパイス鉱山奴隷として働かされていた。

経歴

帝国時代労働ドロイドCC-4Mはアウター・リム・テリトリー惑星ケッセルにあるスパイス鉱山で働かされていた。CC-4Mはパイク・シンジケートと呼ばれる犯罪組織の奴隷であり、他のドロイドと同じく、有害物質を扱うにも関わらずオイル・バスに入ることすら許されず、休みなく酷使されていた。[1] 10 BBYトバイアス・ベケットギャング団パイク・シンジケートから未精製コアクシウムを盗むためケッセルにやってきた。彼らはケッセル・コントロール・センターを占拠し、そこにいたドロイドの制御ボルトを外した。L3-37に扇動された鉱山のドロイドたちは次々と仲間を解放していき、生きた奴隷も巻き込んだ暴動に発展した。[2]

個性と特徴

CC-4Mは白いボディの労働ドロイドで、肩の関節部分に蛇腹の布製ダスト・カバーがつけられていた。[1]

制作の舞台裏

CC-4Mは2018年公開の映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するドロイドである。名称はパブロ・ヒダルゴによる設定資料集『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド』で判明した。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。