Fandom


CT-411、あるいはCC-6454は、ポンズ(Ponds)というニックネームでも知られた共和国グランド・アーミークローン・トルーパーコマンダークローン戦争の最初の戦闘であるジオノーシスの戦いに参加し、ジェダイ・マスターメイス・ウィンドゥに力を貸した。その後、彼はウィンドゥ将軍の指揮下に配属され、ライトニング中隊の司令官としてさまざまな戦場へ赴いた。彼のヘルメットの後ろ側にはオーラベッシュ文字で「運が良すぎるヤツもいる」と書かれていた。戦争初期、ポンズとウィンドゥはテクノ・ユニオンエマーワット・タンバーによって侵略された惑星ライロスへ駆け付けた。彼らはチャム・シンドゥーラ率いるトワイレック・レジスタンスと力を合わせ、首都レッスーを制圧してライロスを分離主義勢力から取り戻し、タンバーを共和国の捕虜にした。

ウィンドゥ将軍と共にマラステアの戦いに参加した際、ポンズは共和国軍のエレクトロ=プロトン爆弾によって呼び覚まされた巨獣、ジロ・ビーストを捕獲するために尽力した。その後ポンズは共和国のヴェネター級スター・デストロイヤーエンデュアランス>に乗り込んだが、ウィンドゥに恨みを持つ若き賞金稼ぎボバ・フェットの計画に巻きこまれることになった。<エンデュアランス>がヴァンコアに墜落した際、フェットと協力者オーラ・シングボスクキャスタスはウィンドゥを誘き寄せる人質にするため、ポンズとキリアン提督、クローン将校1名を人質に取った。ジェダイに対してメッセージを送るため、シングはポンズを殺害し、その死体を宇宙船スレーヴI>から投棄した。

登場エピソード

参考資料

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。