Fandom


CK-6スウープ・バイク(CK-6 swoop bike)はフリーコ・バイク(Freeco bike)という呼び名でも知られた、共和国グランド・アーミークローン・コールド・アサルト・トルーパーが寒冷地で使用したスウープ・バイクである。パイロットは密閉型コックピットと強力な暖房ユニットのおかげで極寒の星でも自在にスウープを運転することができた。

特徴

Freeco-bike

機体後部

ベスピン・モーターズ社によって製造されたCK-6スウープ・バイクは寒冷地用の改造を施されており、リパブリック・ガンシップが着地せざるを得ないような極寒の環境でも使用することができた。“凍えるように寒い”(Freezing cold)場所でも使えることから、フリーコ(Freeco)・バイクの愛称で親しまれていた。フリーコ・バイクは2連レーザー砲を装備しており、火力とスピードはクローン・トルーパーたちからも評価されていたが、この機体の最大の特徴は、外気を遮断する密閉式のコックピットだった。パイロットは加速ソファーに組み込まれた強力な暖房ユニットのおかげで、寒冷地でも快適にスウープを操縦することができた。

歴史

Freecobike

フリーコ・バイク

クローン戦争中、共和国グランド・アーミークローン・コールド・アサルト・トルーパーが寒冷地における任務でフリーコ・バイクを使用した。22 BBY、極寒の惑星オルトー・プルトニアに派遣されたジェダイ将軍オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカー、共和国軍兵士たちは、フリーコ・バイクで偵察任務を行った。原住民のタルズ種族と対立した際、フリーコ・バイクに乗るトルーパーたちは、ナーグラッチを乗りこなす先住民戦士に苦しめられた。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。