Fandom


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「オーダー66を実行せよ」
「はい閣下」
シーヴ・パルパティーンとジャイガラー[出典]

CT-55/11-9009、通称ジャイガラー(Jai'galaar)は共和国グランド・アーミーに仕えた銀河共和国クローン・キャプテンである。第127ガンシップ航空団に所属し、クローン・トルーパー・パイロットとして独立星系連合との戦いに参加した。彼はもともとクローン・コマンダーだったが、カトラシーの戦いの後にキャプテンに降格となった。クローン戦争末期、シーヴ・パルパティーン最高議長オーダー66を発令した際、ジャイガラーはARC-170スターファイターに乗って惑星ケイト・ニモーディア大気圏内を飛行していた。彼は議長の命令に忠実に従い、ジェダイ将軍プロ・クーンを殺害した。

経歴

JagOrder66

ジャイガラーのARC-170

他のクローン・トルーパーと同様、CT-55/11-9009(ジャイガラー)は賞金稼ぎジャンゴ・フェットの遺伝子をもとに惑星カミーノで生み出された。ジャイガラーたちクローン兵士は共和国グランド・アーミーの一員となり、クローン戦争銀河共和国のために独立星系連合と戦った。第127ガンシップ航空団に所属するジャイガラーはクローン・コマンダーの階級を与えられていたが、カトラシー戦いの後、キャプテンに格下げとなってしまった。

戦争中、キャプテン・ジャイガラーはジェダイ・マスタープロ・クーン将軍によって攻撃型偵察機170スターファイターのテスト・パイロットに選抜された。クローン戦争末期、ジャイガラーはARC-170に乗り込んでケイト・ニモーディア戦いに参加した。大気圏内を飛行していた時、ジャイガラーは最高議長シーヴ・パルパティーンからオーダー66の遂行を命じられた。共和国の指導者に忠実なジャイガラーは、前方を飛行していたクーンのデルタ7イーサスプライト級軽インターセプターを撃墜し、ケル・ドアのジェダイ・マスターを葬った。

個性と特徴

Plokoonjsf

ジャイガラーのコックピットからの眺め

ジャンゴ・フェットの他のクローンと同様、ジャイガラーは人間男性で、身長は1.83メートルだった。彼は戦争中にコマンダーからキャプテンへの降格処分を受けたが、クーン将軍によってARC-170スターファイターのテスト・パイロットに任命された。ジャイガラーはクローン・トルーパー・パイロットとして戦闘機を操縦し、オーダー66を命じられた際には、クーン将軍の機体撃墜に成功した。

登場エピソード

参考資料

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。