Wookieepedia
Advertisement
Wookieepedia

「まだユーモアのセンスは残ってるようだな」
―ジェシーに対し、ファイヴス[出典]

CT-5597、通称“ジェシー”(Jesse)はクローン戦争共和国グランド・アーミーに仕えたアドバンスト・レコン・コマンドーである。彼は第501軍団に所属し、ミンバンの戦いからアナクセスの戦いに至るまで、ジェダイ将軍アナキン・スカイウォーカークローン・キャプテンCT-7567“レックス”の部下として分離主義勢力ドロイド軍と戦った。また彼は銀河規模紛争の終盤に、クローン・ルテナントの階級に昇格した。

他のクローン・トルーパー同様、ジェシーは人間賞金稼ぎジャンゴ・フェット遺伝子をもとに生み出された。彼は熱烈な愛国者であり、銀河共和国紋章タトゥーを顔に入れ、ヘルメットにもペイントしていた。クローン戦争の序盤、彼はミンバンサルーカマイ戦いに従軍した。戦争終盤、アナクセスヤーバナ戦い当時はARCトルーパーに昇格していた。19 BBY、戦争の終結が迫っていた頃、ジェシーは第501軍団を二分して編成された第332師団の一員としてマンダロアへ派遣され、ボ=カターン・クライズ率いるマンダロリアン抵抗勢力と協力して元シス卿モール軍勢と戦った。

マンダロア包囲戦が終わった後、ジェシーはヴェネター級スター・デストロイヤートライビューナル>でオーダー66の指令を受け取った。行動抑制チップのプログラムに従い、ジェシーはシスダース・シディアスの命令を忠実に実行すべく、元ジェダイパダワンアソーカ・タノの命を狙った。ジェシーはタノをかばって逃がそうとするクローン・コマンダー・レックスを糾弾し、スター・デストロイヤーハンガーで銃撃戦を繰り広げた。しかしコルサントへ向かっていた<トライビューナル>はモールの破壊工作で損傷を負い、衛星に落下した。ジェシーを始めとするクローンたちは墜落時に死亡し、タノとレックスはヘルメットを墓標代わりにして彼らを埋葬した。

登場エピソード

参考資料

脚注

Advertisement